ビッグスクーターでロンツー?BMW C650GT マイチェン前のテストライド

BMW C650GT

GTの名が付くようにグランツーリングを意識したような作りになっているそうです。

メットインスペースを大きめに取り、ウィンドスクリーンは電動調整式、上位のツーリングバイクに通ずるアイコンを揃えたような装備の充実っぷりですね。


全体的な装備の充実とともに、車重が増えているそうなので良い意味では落ち着きが増している、悪く言えばややもっさりしたとも言えるような感じです。

ですが、C600とC650でエンジンの排気量などの違いはなく走り出してしまえばその差はわかりません。すぐさま乗り換えなければわからないレベルです。

絶対的な動力性能は高く、ビッグバイクというくくりの中での不足も感じないでしょうかね。

ハイウェイやワインディングでの後れをとることもないでしょう。

C600Sportsよりも快適性は一回りUPしている感じです。

シティコミューターとしての新しい可能性を打ち出しているというコンセプトのようですが、目新しさはあまりないかもしれません。

日本市場においては250㏄クラスにマジェスティやフォルツァ、大排気量マキシスクーターくらいではT-MAXにシルバーウイングに太刀打ちできるかどうかは微妙です。

足つきや街乗りでの使い勝手、装備品やオプションの拡充性などは国産ビッグスクーターに及ばないとも・・・どっちかいうとツーリングスポーツとかのカテゴリで、もっとアプリリアのSRV850くらいスクーター最大排気量だぜ!ってくらいの突き抜けた部分があっていいような気がしなくもないです。

マイナーチェンジ後のオプションの拡充が楽しみです。

カラーリングバリエーションももっと明るめの色が気軽に選べるような部分的なラッピング仕様やパネル交換カスタムとかあっても良いかもしれません。

バイクとしての完成度は良いので他の魅力の訴求に頑張って欲しいですね。

マキシスクーターってなぜ足つき悪い?C650スポーツ2017年モデル試乗インプレ! も良かったら見て下さい!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です