日産セレナ新型発表!スペックサイズと発売日・価格も納期も、燃費・重量プロパ2.0はあの車種でカタログ落ちとか

日産は2022年11月28日新型セレナを世界初公開、ガソリン車を今冬、e-POWER車を来春発売予定とのこと。

発売時期については時期は濁しているものの、事前のスクープ通りのスケジュールであり、メーカーはe-POWERを推したいものの、現実的な販売はガソリンが先行、年代内に営業さんが成績に計上できるのがおそらくガソリンモデルの登録・納車であろうことから先行予約ではガソリン推しだったりします(笑)

イーパワーについては当初よりも遅れる可能性もあるので、購入を検討している方は早めにディーラーに連絡しましょう。

外観のポイント

外観のデザインは事前のリーク情報通りであり、そこに色がついた感じです。

日産的なエルグランドやサクラ・アリアのようなフロントをスピンドルグリル風にしてビアンテのエッセンスを足した感じです。

新型セレナのデザインはどこかで見たような…?

見たことのあるデザインの組み合わせであり、旧型モデルとの関連性があるような、それでいて新鮮味もある感じですかね。

新型セレナと旧型セレナ・白黒のツートンルーフのイメージ

ライバルとなる他のミニバンに負けないような存在感と若干の未来っぽさを入れてきている感じです。

ノア・ヴォクシー・ステップワゴンと並べてのイメージだと、そこそこの存在感がある。

セレナとノア・ヴォクシ・ステップワゴン

ライバルにミニバンがそれぞれ主張する路線が違って、トヨタはオラオラDQNマイルドヤンキー系で、ステップワゴンはシンプルクリーンでやや地味、セレナは間を取ったグリル面積でそこそこの押し出し感みたいな感じですね。

ツートンもある

ちなみに、2022年時点ではツートンカラーのルーフカラー違いを選べるミニバンはセレナのみですね。

  • プリズムホワイト(3P)/スーパーブラック 2トーン〈特別塗装色〉
  • ターコイズブルー(PM)/スーパーブラック 2トーン〈特別塗装色〉
  • 利休-リキュウ-(PM)ベージュ系 /スーパーブラック 2トーン〈特別塗装色〉
  • カーディナルレッド(CPM)/スーパーブラック 2トーン〈特別塗装色〉

上記の4色となっていますね。

特別塗装色ゆえにエクストラのコストがかかり、赤が+66000円、白・ベージュ系が+77000円、青が+88000円となっいてルーフがブラックになる感じです。

追加情報としては、セレナのツートンカラーに関しては納期が+1ヶ月かかるのが通例ですので、そこも注意点となるかもしれません。日産内でも車種によりツートンの納期への影響が違い、ノートオーラでは時期によりツートンで+3ヶ月などあったりしました。

色が決め手になることがあるかもしれませんので、参考になれば幸いです。

サイズ感とスペック・重量

セレナのサイズで注目するポイントは、非エアロのグレード帯に5ナンバーを用意していること。

最廉価グレードのX・それに次ぐグレードのXVには1695mmの全幅のモデルを用意しています。

ボディサイズ全長・全幅・全高

  • X/XV 全長 4,695 × 全幅 1,695 × 全高 1,895
  • ハイウェイスター/LUXION(ルキシオン)全長 4,765 × 全幅 1,715 × 全高 1,895

ガソリン・イーパワーともにグレードによりサイズが設定され、5ナンバーと3ナンバーが作り分けられることとなります。

これはプラットフォームを刷新しなかったためと言われており、旧型の延長線上での車造りしか出来なかったからのようです。

旧型のプラットフォームを使っていることにより、特にe-POWERの重量が重め、さらにはLUXION(ルキシオン)(FFのみの設定)はヘビー級で1850kgほどありますね。

ステップワゴンも2022年5月にフルモデルチェンジを行なっていますが、旧型のプラットフォームを活用しているのとボディ全体の大型化:全長4800mm /全幅1750mmがあって、e-HEVというハイブリッドの重量(FFのみの設定)は7人乗りは1840kg程度となっています。

対してノア・ヴォクシーは2022年1月のフルモデルチェンジの際にプラットフォームから刷新していてハイブリッドのe-Fourという4WDでも1710kgと軽量(FFなら1670kg)であり、この3車種の中で燃費性能的にも軽さのメリットもあり優位です。

ミニバンの売れ筋3メーカーが出揃ったので、そういった比較をしてみると、セレナの重量は気になりますね。

新型セレナの価格帯、e-POWER LUXION(ルキシオン)高い理由、プロパイロットの注意点などなど…詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ