ヤリスクロスの内装のレベルはどんな?試乗インプレ③

2020年の新型ヤリスクロスは人気で売れていますが、実際のところ内装のレベルはどんなかを解説していきたいと思います。

試乗インプレ② からの続きです。

ヤリスクロスの内装のクオリティ

さて、売れているクルマの内装だからって質感が高いのか?というとそういうわけではないですよね?


実際は外観のイメージや走りや燃費、値段がその性能に対して安いと感じるかどうか、で決まります。


外観は奇抜過ぎず、そしてインテリアも奇抜ではありません。

ドアパネルの部分の素材などは一般的ではない織素材をあてがっていたりしますが・・・安っぽさを誤魔化しているような・・とは言う物の

むしろ、地味。

ただ、遊び心が前面に出てたところで飽きられると短命に終わってしまう事もあるので、シンプルなインテリアはむしろ嫌われないという価値として意味があるように思えてきます。


勝てば官軍、売れれば勝ち、売れればそれが正解でしょう。

ただ、マイナーチェンジなどでインテリアの素材感やデザインなどでヒネリやアクセントを入れてくる可能性は感じます。

荷室の容量とリアシートのスペース

荷室は390Lという数値ですが、正直なところ、5ナンバーのSUVで評判のいいライズとほぼ同等、誤差くらいの感じで、まぁまぁの広さといったところです。

3ナンバーの車にしては…と期待しすぎると物足りないかもしれませんが、実用上問題でもないとも思います。

シートに関しては前席、後席共に悪くはない。

リアシートもハイバックのセミバケ風で座り心地は悪くははないけど、高望みするのも酷ですが、そこまで広くもない。

広くて快適なリアシートをお求めであれば、旧型でも新型でもホンダのヴェゼルに軍配があがります。

2021年4月発売予定の新型ヴェゼルはデザインで炎上気味ですので、どうなのかな?とは思いますが(CX-ハリアーについてはこちら

走行中の座り心地も悪くなく、クラス相応か、トータルでは平均より良いかな?

インテリアや装備品

運転席に関してはグレードによって電動になります。


ワンモーターで背もたれの角度、座面高さ、前後と調節を賄っているそうですが、スイッチの形状が独特で最初はちょっと戸惑うかも。

個人的にはもっと普通で良い、と思います。パワーシートなりに部品点数少なく創意工夫でコストカットでしょうか。

Zグレードのパワーシート座面はその調節機構のせいかどうかはわかりませんが、少し硬め。

ホールド感は良い感じで、ハンドルのテレスコピック&チルト機構があり、ドライビングポジションが決まります。
シートのサイズといい、比較的幅広い体形に対応できるように感じますね。

あ、でも罠があって・・
アームレストは別売りです
オプションで約2万円(笑)

オプションのナビに関しては、ディスプレーオーディオモデルなので、とりあえず液晶が普通についてます。

そこにナビを表示するのにスマホをリンクして使うか、ソフト(アプリ?)を入れるかの選択になるでしょうかね。

メーカーオプションナビ(スタンドアロンの地図アプリをインストールするイメージ?)は66,000円or110,000円ですが、悪くないチョイスのように感じます。

コネクテッド系の機能もさりげなくインストールされます。

コネクテッド系の機能に関しては、現時点でトヨタの中で新しい世代の物を搭載できる感じで、フルに使うには月額費用を負担するイメージです。

安全装備ではブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックオートブレーキがオプション扱いなので、装着をお薦めしたいところ。

その他の装備ではLEDライトなどもあった方が良いですし、多少グレードの高い車種からのダウンサイジングで都落ち的な感じでヤリスクロスに行き着いたとしたら、各種細切れに設定されたオプションを多数つけたくなったりするものです。

オプションと価格と値引きと

かなりオプションテンコ盛りにすると、オプションなどの付属品価格で100万円近くいくという事も起こり得ます。

元値がハイブリッド・グレードがZで250万円とかが、乗り出し380万とかいくと、ちょっとなぁ・・となりますよね。

取捨選択は個人の好みとなりますが、必要最低限としては、ナビETC・安全装備の追加くらいかなと思います。

あとは、ディーラーや販社によって異なることも有り得ますが、新車で出たばかり・そして納車待ち5か月とかだと値引きやサービスが厳しとは言いますが・・

値引きはできます。

金利のサービスもあります。

しかも、その条件がガラスコーティングを付けること(笑) だったりして。

販社とローン会社の取り決めか、コーティング業者との提携か販売奨励策、他にも理由があるかもしれません。

金利や残価設定の買取価格にオプションやコーティングが影響するのは良くあります。

あとあと再販価格(ディーラー中古車での販売価格)が高いものを用意できるとなれば(オプションが中古人気に反映されるものを付ける、いわゆるディーラー推奨車にするなら、とか)、金利の5.9 → 2.9%なんてのは良くあります。

残価設定や金利など条件がマッチすると値引き10~20万相当に当たるので、上手く利害が合致すると良いですね。


その他にも2月の商談で3月に登録可能となれば、決算期という事もあり、ナビ・ETC分くらいの値引きは見込めます。

ディーラーの在庫、人気車でもキャンセルの出た車両などであれば1割程度の値引きは引き出せることがあるので、ぜひ交渉してみましょう。

ヤリスクロスは値段の割に完成度が高く、おそらくその満足度も高い車種だと思います。

2021年2月現在で5~7か月待ちのバックオーダーを抱える理由もわかります。


試乗して、いろんな車種と比較して検討しましょう。


参考になれば幸いです。


試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。







90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

追記:新型ヴェゼルの装備などについて試乗インプレとしてブログにしております。良ければ参考に

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です