生産中止予定!? FJクルーザーは今が買い!

レトロで個性的な見た目で人気モデルであったFJクルーザーが2016年8月をもって生産終了のようです。
2006年に北米専用車として販売を開始、日本でも購入したいとの声が上がって2010年に日本導入。約10年経つモデルです。ちなみに生産はトヨタのグループ企業である日野自動車です。
20160524-10245030-carview-001-1-view.jpg
全長 4,670mm・全幅 1,905mm・全高1840mm 車重2トン弱、北米市場向けの大柄なボディサイズです。フレームは当時のハイラックスサーフやプラドと共通の物で、本格的なオフロード性能を備えています。ただし旧世代の本格オフロードモデルにおしゃれな外観な外装をかぶせただけで、売れれば利益率の高いモデルではありましたが、現代の水準の衝突安全性や動力性能、燃費性能などの環境性能を満たせず消えゆくことになりそうとのこと。
導入当時や今でも見た目の可愛さから一定の人気はありますが、実車を見てみて大きすぎたり、その割に室内空間が狭すぎるといったことに気付いたり、ハリアーやレクサスNXなどのモデルの走りや室内空間の洗練さの方に流れたりといったこともあるようです。
20160524-10245030-carview-002-1-view.png
知人のFJクルーザーに乗り、運転させてもらったことがあり、4リッターエンジンは馬力もトルクも申し分ない性能を備えていますが、カタログ燃費は8㎞/L、実質の街乗りでは4~6㎞/L前後と聞きます。戦車並みです。走りの性能はオフロード性能に特化している分オンロードの性能は高くなく、コーナリングや乗り心地にやや難ありな感じです。オフロード性能としてはデフロックやクロールコントロールと呼ばれるやや過剰ともいえるような装備があったりして、沼地や岩場の走破性が高いとのことですが、敢えてそういう所に赴かなければ日本にそういったシチュエーションは少ないので必要かというと微妙化と思います。
carlineup_fjcruiser_grade_grade2_02_pc.png
室内空間も狭く、プラドほどの快適性はありません。特にリアシートの座面と床の関係はかなり厳しく、体育座りのような膝を抱えるような姿勢になってしまいます。地上高を確保するために床が高いことに起因していますが、そこらへんはオフロード性能とのトレードオフ関係なので仕方のないところです。快適性を求めるならばハリアーなどの新しいSUV風のモデルの方がよろしいかと思います。
車両本体価格は324万円~346万円、在庫をディーラーなどであまり抱えているわけではないようで、値引きは5~10%くらい。全グレードエンジンは共通、5速オートマのにの設定で、足回りは265/70R17のファットでボリュームのあるタイヤを備えています。オフロードパッケージだとビルシュタイン製のサスにアクティブトラクションコントロールやクロールコントロールなど、足回りが強化されます。それ以外のグレードだと外観のカラーリングバリエーションとクルーズコントロールの有無でグレード違いとなっています。
生産終了になると中古車市場での価値が下がるケースがほとんどですが、FJクルーザーのように北米専用車を国内からの需要で日本導入になったほどのモデルになると、今後中古市場での高値での取引も考えられます。欲しくても手に入らない個性的なモデルであり、ランドクルーザープラドシリーズのメカニズムを備えているとなると値落ちしにくいモデル、もしくは若干のプレミアがつくこともあるかも?ちなみにランクルシリーズは3年乗っても新車当時の価値の7割以上は値段が付く(状態や走行距離による)と言われる怪物モデルであったりするので、そういった評価になる車になるかもしれません。値上がりを期待しての不純な動機で車を購入するのはリスクもあるのでオススメはしませんが、FJクルーザーにはちょっと他とは違った価値も備わっていると思うので、一度見てみるのもいいかもしれませんよ!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。