ハスラー試乗レポート 2/2 フレンチコンパクトかミニかってくらいおしゃれ♪

03.jpg
コンパクトカーのお洒落さの演出手法として、インテリアのパネルにエクステリアの外板色を大きな面積で見せる、というのがあります。フィアットや、ルノー、ミニなどでもよく見られる技で、明るくて艶のある色がババーンと来てインパクトがあります。コスト的にもそんなにかからない手法と思われます。ついでにルーフもツートンになってるとなんだかミニみたいな感じがしますよね。ミニミニ大作戦って映画の印象のせいか、ツートンルーフ=ミニみたいなイメージになっている人って私以外にもいませんかね?

この試乗記はハスラー試乗レポート 1/2 からの続き、
ハスラーでもグレードや内外装の色の組み合わせでイロイロと楽しむことが出来るようで、そういった雰囲気づくりを頑張ってる感があり、かつ、そこが支持されて人気車種になったのだと思います。POPなテイストが前面に出る反面、落ち着きがない印象にもなる可能性があるので、ご本人のキャラクターやハスラーで作る自分や車のイメージ作りを再確認しましょう。今までずっとセダンやミニバンの落ち着いた内装の車に乗っていた方が、限定車や展示車のポップな内外装のカラーリングを見ると変わり種っぽくてテンション上がるというか、おしゃれで新鮮に見えるので、目が眩まないように、落ち着いて。
08.jpg
通常のシックなトーンの内装も選べるのでご心配なく。
簡易的なものですが、自動ブレーキの設定もあり、シートヒーター、パドルシフトなどの上級装備もグレードによる設定やオプションで選ぶことができ、2015年末のマイナーチェンジでクルーズコントロールも装備できるようになったそうなので、出かけたくなる車が、遠出が苦でない車にレベルアップしたと思います。
ハイト系の軽ワゴンに比べれば、室内高が高いわけではないですが、シートアレンジや、全体的な空間においては不便はなく、軽自動車の4人乗車の定員はありますが、下手すれば5人乗りの5ナンバーコンパクトより広い感じがするくらい、まとまりがあると思います。リアシートのフロアの凸凹が少ないとか、頭上空間に閉塞感がないとか、なんとなく広く感じるまとまりと言うか・・・正直マツダ・デミオ や ワーゲンポロ などより広いと思います。5人乗れるか、と条件が違いますが、広さ感でいえばそうなるかと。オプションカタログなどを見ていると、ウェイクのカタログで見たものとのデジャブ感がスゴイ(笑)似たようなものがラインナップされているので、車の形は違えどコンセプトは近いのだと思いますね。
車体価格が1,078,920円~1,737,720円+オプション、とかなり価格帯に幅があり、軽自動車にしては値段が高め、お値引きを狙うところでは、10万円~16万円が限界のようです。やはり10%前後お値引きあれば御の字かと思います。
納期に関しては2016年時点では大幅な待ちは出ていないようなので、1か月前後でしょうか。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。




90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。