プリウスに2リッターハイブリッドが追加されたワケ・2023新型 Prius2.0HEV

2ユニットが話題に

2022年11月にワールドプレミアされたフルモデルチェンジ版新型プリウス(Toyota New Prius)

新型プリウスにはPHEVとHEVがラインナップ

ハイブリッド専用車、ハイブリッドの先駆車であるプリウスに、PHEV:プラグインハイブリッド以外のパワユニットとして、HEV:ハイブリッド車に2種類のエンジンが用意され話題です。

2リッターハイブリッドはパワーハイブリッドとしてプリウスのトップグレードに位置する新しいイメージリーダーとなる。

その登場の必然、なぜ2リッターの新ユニットなのか、スペックなども踏まえてブログで解説していきます。

HEVのスペック

プリウスHVに用意される2種類のパワーユニット

  • 1.8L 直4 DOHC 2ZR-FXE +モーターモデル (旧型プリウスと同じ構成)でモーターの出力アップでシステム最高出力:103kW(140PS)
  • 2.0L 直4 DOHC M20A-FXS +モーターモデル (レクサスUX250hと同じ構成)システム最高出力は144kW(196PS)

上記のような構成となっています。燃費性能については未公開。

ちなみに旧型となる50系プリウスについては、98馬力を発生する1.8L 水冷直列4気筒DOHCエンジンに、72馬力のフロントモーター、7.2馬力のリヤモーター(E‐Fourの場合)・システム最高出力は122psとなっていました。

新型プリウスは1.8Lモデルでも18馬力程度の性能アップ、約1割の性能の底上げが行われておりますね。

2.0Lハイブリッドモデルに於いては従来型のユニットに対して1.6倍程度のスペックアップとなっていて、走りに期待できそうです。

ボディサイズとのバランス
フルモデルチェンジ版新型プリウスの全長×全幅×全高は
4600 × 1780 × 1420~1430 mm といったボディサイズになっているので、1.5トンを切るくらいであろう車両重量との組み合わせではむしろパワフルくらいの感じになるかも知れません。

2.0HEVで193psはどの程度のレベルか

新型プリウスに搭載される2リッターエンジンはターボでの過給はなく、NAです。

その2リッター直列4気筒エンジンはトヨタ社内ではダイナミックフォースエンジンと呼ばれるもので、ハリアーやRAV4、ノア・ヴォクシーなどに展開されています。

プリウスのハイブリッドシステムとの組み合わせでは力の使い所をモーターと分担するためエンジン出力を抑えつつ、燃費性能も重視したものとなっています。

単体での出力は車種やチューニングによって異なりますが170馬力程度であり、NAながらもポテンシャルがある。

システム出力で196馬力は実は優秀な数値であり、
例えばBMWであればB48B20A4気筒DOHC 2.0リッターターボエンジンで最高出力135kW(184PS)/5000rpm、最大トルク270Nm(27.5kgm)/1350-4600rpm、燃費性能は車種によりますが、だいたい13〜km /L程度。

BMWのエンジンのイメージ

エンジン屋として名を馳せるBMWの一般的な2リッターはターボで過給して200馬力弱であり、圧縮比・ブースト圧を変えたチューニング違いのユニットで250馬力程度などと作り分けをしている。しかし、燃費性能はさほど、といったところです。

その他にはゴルフGtiが2リッターターボで245馬力程度であったりするなど、絞り出している車種もあって、そこに対抗するのはプリウスPHEVの223馬力となる感じでしょうか。

トヨタはNAで170馬力をマークするベースエンジン、ハイブリッドでブーストしてシステム出力196馬力はいい数値ですね。

ちなみにトヨタのダイナミックフォースエンジンの3気筒バージョン、1.5Lもあり、その数値も実は優秀で、MINIシリーズを凌駕するスペックだとシエンタの試乗インプレッションでレポートしていますねで、そちらもよければ参照ください。

2リッターユニットはターボ無しでストロングなモーターあり、馬力の数値に申し分なくライバルに燃費で圧倒、新登場の意味が見えて来ますね。

各市場での2リッターハイブリッドへの潜在需要……詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ