新型プリウスモデリスタでやりすぎスタンス系DOP?コンセプトカーみたい

プリウスさんこれはやり過ぎ?

攻めたエアロで定評のトヨタ直系ドレスアップパーツブランドのモデリスタ(MODELLISTA)。

メーカー直系でありながら、派手にやっちゃう時もあるんですよね。

2022年11月のワールドプレミアで公開されたフルモデルチェンジ版新型プリウス、モデリスタのエアロもプロトタイプとの注釈はあるものの、公開されています。

新型プリウスモデリスタ(MODELLISTA)
カスタマイズラインナップ

フロントリップのアンダー、低すぎでは??

いろいろ張り出し過ぎ?

メッキのインパクト強めよね、って。

今後TRDやGRの名を冠したスポーティなエアロがリリースされたり、ディーラーオプションのシンプルなエアロが出たりと、棲み分けされていくのでしょう。

その中でもモデリスタはラグジュアリーでエアロの中ではトップグレードに位置するのかもしれません。

新型プリウスのドレスアップ仕様について、ブログで解説していきます。

まるでコンセプトカー

新型プリウス、公開された最新情報を見ていくと、実際ノーマルでも結構イカつい。

19インチのアルミを筆頭に、タイヤとフェンダーのクリアランスは開き気味に見えるものの、全体的なロー&ワイド感の演出や、塊感などノーマルにしては結構攻めたデザインにやりちぎっているように見える人もいるでしょう。

新型プリウス:19インチでスタイリッシュ

デザインなどについて掘り下げて解説したブログもあります。

低めに抑えられた全高はノーマルでもシルエットはかなりスリークでスタイリッシュです。

トヨタプリウス新型の登場に合わせて公開されたモデリスタの特設ページのプリウスのエアロ、むしろコンセプトカーのようですごいなって。

ノーマルのプリウスとコンセプト段階のイメージイラストと
モデリスタの2つのデザインライン

車高は下げられていなそうなものの。エアロ下のクリアランスとか、保安基準の9センチとか最低地上高大丈夫か不安になるレベルです。

段差や坂道もかなり危険な香りがします。

他のトヨタ車に用意されるモデリスタエアロと同様、複数のデザインが用意されますが、とりあえず2種類のデザインが先行公開されているようですのでチェックしていきましょう。

新型プリウスに2つのモデリスタ

モデリスタ(MODELLISTA)CUSTOMIZE LINEUP

この新型プリウスようのモデリスタエアロは2種類、まだ正式なラインナップについての情報はないものの、アルミホイールも2種類でおそらく19インチのままと思われます。

アルミホイールのデザインはモデリスタで定番のウィングダンサーシリーズを踏襲しつつ、パッと見た感じでは右がメッキとブラックのバイカラー、左が割と全体メッキ仕上げのように見えますね。

2つのデザインラインの名前はネオアドバンススタイルと、エレガントアイススタイル。

MODELLISTAから2つのエアロデザインの提案

Neo Advanceスタイルは、バンパーロアグリルにブルーのLEDデイタイムランニングランプとエアロの左右下の方にもホワイトのランプが点いている感じで、低く構えたエアロを発光させて存在感を示すタイプでしょうか。

ネオエレガンススタイルのトヨタプリウス

アルミホイールは初見では純正よりも大きい感じがしないので、19インチのままなのかなってところ。

メッキとブラック、またはクロームブラックとのコンビでメリハリを効かせて外観全体的にコントラスト強めのテイストです。

リア周りもブラックを差し込む部分がもう一つのデザインラインよりも多く面積が取られている感じで、スポーティな感じかしら。

2つめのデザインはElegant Iceスタイルのプリウスは、エアロの白塗装面をそのまま押し出し間につなげた感じで、薄く平べったい元々のプリウスのデザインの下回りにボリュームと存在感を与えています。

エレガントアイスのトヨタプリウス

ホイールもメッキを全面に出している感じで、ややクラシックなテイストでありつつも、全体的にパーツ一つ一つの主張が強め。

全体的に重厚感があり、塊感がコンセプト段階のデザインに近い感じなのかなってところです。

どちらのデザインも先進的でありつつ、元々のボディパネルのうねりと直線的に駆け上がるラインとのスピード感との調和も良いですね。

トヨタ直径のモデリスタでかなりアグレッシブなラインで攻めているように見えます。

少し車高を落として20インチ履かせれば、そのままスタンス系のドレスアップコンテストやショーに出せそうな感じ…というのは褒め過ぎ?それとも…?

ちなみにド派手にスタンス系をかますドレスアップの見本としてはこんな感じ

50系プリウスインチアップにローダウン・キャンバー付け

あくまでサンプルであってスタンス系カスタムのイメージですけども。

もっとハードにキャンバー付けてツラツラにしているケースも散見されますが、保安基準適合なら…ヨシ!

新型プリウスはフェンダーのモールをブラックで覆うようになっているので、そこを更にカバーしてボディ同色のオーバーフェンダーとかも差し込んでくるドレスアップなんかも良いかしら。

新型プリウス、50系モデリスタからの変化は?価格や納期の注意点などなど…詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ