ワーゲンゴルフに成り代わる?ポロももう3ナンバー、しかしイマイチ売れないのはリセール問題か

6代目現行ポロから3ナンバー

フォルクスワーゲンポロ(POLO)の現行モデルはもう6代目モデルとになるんですよね。

現行ポロは2018年3月にフルモデルチェンジし、エンジンを先代の4気筒1.2Lターボからさらにダウンサイジング(ワーゲン的にはライトサイジング)、刷新した新エンジン3気筒1.0Lターボへダウンサイジング(実は5代目でも燃費スペシャル的に1Lターボあったけど)しましたが95馬力と先代の85~90馬力よりもパワフルになり、ボディサイズは4085mm×1750mm×1450mmホイールベースは2550mmとなり、車両重量は1160kgでボディ形状は5ドアハッチバックです。

  • 直列3気筒1.0Lターボ
  • 最高出力95ps馬力
  • 最大トルク:17.9kg
  • WLTCモード値燃費17.1km/L

ボディサイズ拡大と併せて、ラゲッジスペースは351Lと以前より大きくなりました。

5代目までは5ナンバーコンパクトでしたが、新型6代目ワーゲンポロは3ナンバー、コンパクトじゃないじゃん‥と言う声も出ています。

ドイツ車ではミニが、1720㎜になって3ナンバーになるなど、全幅の拡大は免れることのできないサイズアップであり、ポロも幅は1750㎜とまあまあデカイので注意しましょう。

ロングセラーなポロの歴史

フォルクスワーゲンポロはフォルクスワーゲンが販売する欧州では既にメジャーな車種で、ポロは1975年に初代モデルが発売された超ロングセラーモデルです。

日本に初めて正規輸入されたのは3代目の仕様、1996年に初めて日本仕様として販売され、当時のワーゲンポロのボディサイズは3715mm×1660mm×1435mmホイールベース2410mmで車両重量は1050kgというスペックで、いわゆる少し小さめな5ナンバーサイズでした。

当時は日本で販売された車種は限定され、最初は3ドアハッチバックのエンジンは4気筒1.6Lの75馬力のオートマチック仕様のみでした。その後5ドアハッチバックや5速ミッション仕様が追加されていきました。

2001年にはスポーツ仕様のGTIモデルが発売され1.6Lでありながら可変バルブを装備、4気筒で120馬力を出すエンジンは、パワフルで、ポロの名前やで座員的に女性の方を中心に支持を受けていたものが、ホットハッチを望む男性ユーザーの関心を引き付けるきっかけとなるモデルとなりました。

2002年にはモデルチェンジで4代目となり日本では1.4Lで75馬力仕様のガソリン車が発売されます。

5代目モデルは2009年にモデルチェンジし、ボディサイズは3995mm×1685mm×1475mmでホイールベースは2470mmで車両重量は1100kg

エンジンも排気量や馬力などがちょくちょく変更になるなど、改良も多かったモデルです。

5代目ポロ 後期モデル

この5代目シリーズは息の長いモデルとなり運転者疲労検知システムやクルーズコントロール、SUV風のクロスポロ仕様、スポーツモデルのGTIターボ仕様も追加され、様々なマイナーチェンジを繰り返し2018年まで続きました。

SUV風のcrossPOLO

安い仕様も用意するなど、テコ入れもけっこうやっています。

ワーゲンポロはその後もエンジンや仕様を追加しながら、ゴルフに並ぶブランドの主力として販売され、日本での年間販売台数が1万台を超える人気モデルとなったのです。

マイナーチェンジで運転支援も進化

2022年6月にフォルクスワーゲンポロのビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

ゴルフ8が長納期となっているなども有る中で、そしてゴルフがえらい高額になりつつある中で、手ごろな価格帯のテコ入れが必須で、日本仕様も充実のラインナップとなっています。

エンジンスペックは全車に共通、最新世代の1.0LのTSIエンジンを採用し、先進安全装備には同一車線内全車速運転支援システムTravel Assistを初採用しています。

マイナーチェンジされた新型ポロでは、新しいエクステリアデザインを採用し、左右を接続するLEDライトバーや、マトリックスLEDヘッドライトを初設定。

光るグリルは上位グレードに

光るグリルなどはトヨタ新型クラウンにも採用されるようになるなど、トレンドでもあります。

 このマトリックスiQ LEDライトはオプション設定ですが、対向車は歩行者にやさしい優れたシステムで、相手が眩しいと感じる光量を自動調整するシステムで相手を不快にさせません。

インテリアデザインの主な変更はディスプレイで、10.25インチデジタルメーターと、9.2インチインフォテインメントシステムを採用。

また、新型ポロではタッチ式のエアコン操作パネルを新しく装備し質感を高めています。

ティグアンやゴルフシリーズにも採用されている操作系ですね。

新型ポロの人気のボディカラー、価格帯やグレード編成、リセールバリューでのベストは?詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ