車内wifiとの相性も良さそう!?アマゾンFIREタブレットのベストサイズは?


※当サイト内アフィリエイト広告等が表示されます


202年タブレット最新情報

クルマとタブレット

ココ最近車内ワイファイがトレンドに。

月額掛かるケースもあるけど、スマホとのテザリングとどっちがよいか?格安SIMとのバランスで車内でのタブレットの活用が進みそう。

以前にもタブレットの活用については何度も取りあえげているので、そちらもよかったらチェックしてください。

結論から言ってベストバランスはおそらくFire HD 8。

コスパ、使い勝手、スペックなど、車内での手頃なサイズ感も含めて現状のベストチョイスかと。

ただし

ベストサイズと価格帯

  • ベストバランスの8HDは9980円
  • 安くて小さい7インチは5980円
  • 大画面の10.1インチは15980円

子供用と用途を絞るのなら7インチもアリだし、手持ちではなくてセットして2列目・3列目みんなでタブレットを鑑賞するなら10.1インチも候補に成り得る。

今回はAmazon Fireのタブレットメインの3機種について、比較や解説をしていきます。

Fireタブレットの魅力

AmazonオリジナルのAmazonのサービスを使うためのタブレット。

Amazonの動画配信サービスを楽しむ事をメインに、低価格でありながら高性能、コスパ最強の素晴らしい商品です。

ただ、基本的にアマゾンプラムビデオを見るとか、ユーチューブもブラウザやアプリで見れないこともないという、コンテンツを楽しむのがメインであり、ものすごく多機能というわけでは無い。

車内Wi-Fiでめっちゃバリバリ使える普通のタブレットというより、動画楽しむのに特化しているくらいに捉えておくべき所です。

3サイズの液晶サイズ

Fireタブレットのサイズ展開は

  • Fire7
  • FireHD8
  • FireHD10

容量違いで

  • Fire7(16G/32G)
  • FireHD8(16G/32G)
  • FireHD10(32G/64G)

さらに、+Plusは、ワイヤレス充電に対応しています。

3サイズ、容量が2種類、8インチと10インチのワイヤレス充電の有無。

バリエーションが多いので悩んじゃいますね。

最安値は7インチ。

では、高いほうが良いのか?というそういうわけではなく、ワイヤレス充電は必要に応じてチョイスとなるでしょう。

では、稼働時間に不安があるかというとそんなことはなく、7インチモデル以外は12時間程度の稼働で、多くのお出かけに対応できるはず。

容量については8インチ~の32GBのストレージに不安を覚えることもあるでしょう。

しかし、多くの映画は2時間として、ダウンロードする時の容量はデータセーバーで低解像度画像では0.3GB、最高画質で3.5GBくらいです。

一般的な画質で0.5~1.5GBでしょう。

さて、プライム会員であればプライムビデオをダウンロード出来るのですが、その上限は25話程度と言われています。

最高画質であれば88GBを必要としますが、標準画質であれば、12.5~37.5GB、32GBで足りるような無いような…

ちなみに、25分程度のアニメの1話も1話とカウントされます。アニメを12話として2シーズンはダウンロード可能ですし、アニメであれば、そこまで容量を食わないものと思われるので、32GBでも十分かもしれません。不足であればSDカードで補強するとかでも良いでしょう。

画質はHDが良い

7インチ以外のモデルには HD と付きます。

フルHDディスプレイ という意味で、1920×1080ドットの解像度のディスプレイのことですね。

画面サイズが小さい7インチでは、HD画質でなくとも、と言う感じですが、正直7インチは鮮やかでは無い。

軽さ、小ささ、安さがメリット。子供が自分で手に持つのなら大きさ・重さ共に良いかもしれない、というのがメリット。

画面はキレイではないし、スピーカーもモノラルで音もあんまり良くない。子供用だから安いのでいっか…壊しても許せる値段だし、という雑な理由で筆頭にキそうですが、ある意味事実でもあります。

やっぱりHD8よね

価格、性能、全てにおちてバランスが良いのが8インチモデル。

マグネット式のタブレットホルダーとの組み合わせでけっこう色んな所に設置できて、大きさも十分。

リアシート向けにヘッドレストにセットも出来たりします。

マグネット系のステー、700グラムまで耐えられるとは言うものの、振動とかが不安で落っこちたりしそう。安全マージンを取って、350ぐらむの8インチにしとくのが安心感有って良いのかも?と思います。

手持ちでも片手で持てる大きさ、重さ的に8インチが限度、10.1インチモデルでは465グラムであり、サイズ的にも手持ちって感じではなくなってきます。

10インチモデルはスタンドと組み合わせて大画面で楽しむという感じなので、車内で扱うにはかさばるとか、持ち運びには不便とかはアリそうです。

車内の時間を快適にするならアマプラ最強!

ファイアHD8をゴリゴリに推しているのですが、かなり快適な動画・音楽視聴環境としては、前提にAmazonプライムのサービスがあります。

プライムビデオだけでなくて、音楽配信サービスもあったり、ドライバー・ライダーにはおすすめしておきたい複合的なサービスです。

基本的な月会費は500円、年払いなら4900円に!

プライムビデオ×タブレット、というだけでなくて、プライムミュージック×スマホ×ブルートゥースでクルマで、と言うのもドライブのお供に良いですよね。

アレクサがクルマにプリインストールされることも増えてきて、音楽サービスもクルマに中にチラホラ入ってきています。

車内Wi-Fiの整備というのもコネクテッドカーの時代には増えてきてて、新型ノア・ヴォクシー(2022)、新型ヴェゼル(2021)でも話題になったりしているものです。

そういやHDMI入力とWi-Fiで

Fire TVと言うアイテム、HDMI入力と、Wi-Fiがあればナビ画面をエンタメで使える…というのがあって。(ドライバーは注視禁止)

タブレットと違って、ナビ画面や、リア用のフリップダウンモニターがある時に活用できたりしますね。

車内での過ごし方、スマホやタブレットの活用なども変わってくる中で、1万円弱で手に入るAmazon Fire HD8は、車載最強コスパタブレットだと思うので、導入検討してみてください。

合わせて特典多数のAmazonPrime会員もね。

Amazonプライム会員登録・無料体験で使えるプライムビデオの詳細はこちら

※2023年8月24日より値上がりすることが発表されました 年会費で+1000円です

Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です