プジョーリフターの人気グレードの真実・試乗インプレ③

最低地上高を上げ、アウトドアテイストに仕立てたフランスの商用バン、カングーの後追いですが、一般的なカーメディアでの評判は上々なプジョーリフター。

中身の方の使い勝手と共に実際の売れ筋や納期・値引きなどについてまとめてブログにまとめていきます。

プジョーリフター試乗インプレ②価格と走りのバランスはどうなのか? からの続きです。

ナビ・内装・装備を忖度無しで

試乗インプレ①ではスライドドアの重さとフロアの高さで子育て世代にはちょっと・・・と言うのと、
試乗インプレ②ではシフト制御が変だしノイズ対策の手抜きの部分が・・と言うのを
忖度せず包み隠さずお伝えしてきました。スライドドアだからファミリー向けか?と思わせといて、どちらかというとSUVテイストでアウトドアや車中泊を好む趣味クルマ・・・みたいな印象が強めかも。

今回はナビの使い勝手や収納・シートアレンジなどの使い勝手を中心に、モータージャーナリスト諸氏が伝えないネガティブな部分も紹介しますが・・

ナビ、コスパ悪いからみんな要らないってよ

まず、ナビ。



以前のプジョー指定のパナソニック製からパイオニア(カロッツェリア)製になっており、スマートループ対応のカロナビがオプションで用意されています。

25万円となっていますが、実質は10~15万のナビ本体をプジョー向けに配線をアレンジして装着しているイメージです。

では試乗車にナビが着いていたのかと言うと・・・装着されておらず。展示車やデモカー扱いでもナビは装着しないでPRしているそうです。



基本的な操作系をセンターコンソール上部の8インチの液晶に収める、と言うのは国産・輸入車問わずトレンドであり、多くの新型車ではデフォルトになりつつあります。

プジョーも例に漏れず採用しており、iPhoneなどのスマートフォンとの連携をベースに作られています。

USBでつないで地図アプリでやっとくれ、と言うのがもはやメーカーのスタンスになりつつあるとのことで、ベンツやBMWのようにナビ標準というプレミアムブランドとは違う道を歩んでおります。(ベンツやBMWはスマホなしでもナビが車載通信機でオンラインとつながる方向へと舵を切っています。)

方向性的な物と、リフターの価格帯、ユーザーの傾向、ナビの価格とを考えると装着率が一段と低い車種とのことです。

リフターの売れ筋のグレードとしても、安い方のアリュールが販売開始即年内分~2021年3月分まで完売、GTラインファーストリミテッドは在庫が残る・・と装備などで上級化して50万円上がったグレード(ベースグレードの約15%価格上昇)は不人気となっているようです。(販社による部分もあるのでアリュールがどうしてもなる早で欲しい場合にはメーカーに問い合わせを)

リフターを求めるユーザーはガラスルーフなんか要らん、安く使い倒せるタイヤサイズも小さい実用性が欲しい、となるそうです。

そうなると割高なコスパの悪いナビ等もっての他、オプションなにも着けないでETCも買った後にオートバックでつけてもらうよ、となるみたいwwwユーザーの真実といったところでしょうか・・・

ガラスルーフは贅沢だから要らない?

GTラインに装着されるパノラミックルーフ(ガラスルーフ)は車内が明るく贅沢な気分にもなるし、プジョーとしては307SW時代くらいから推している装備だったりします。

個人的には好きな装備です。



見た目にも良いですが、頭上のセンターに小物を収納するスペースを取り、フロントのサンバイザー部分にも収納を作るなど、ドライブ好きで運転席周りに色々荷物を置く人には魅力的だったりします。

ガムやミントタブレット、セカンドバッグ、ネックウォーマーやグローブにブランケットなどの一時置場によさそうです。


明るい解放感と、小物置きの両立。

うん、フランスの風が吹いているねぇ。

小物をしまう場所はけっこうたくさんあって。


センターコンソールも収納スペースがあり、国産車ほどではないにしても十分に快適に車内で過ごすことも出来そう。

リア用のエアコンの吹き出し口もあります。


ピクニック気分を盛り上げるシートバックテーブルなどは、ドライブスルーやテイクアウトが増えたコロナ時代には実は重宝するアイテム。

必須と言えるほどの装備ではないけれども、あるとテンションが上がるタイプの装備ですね。

多彩なシートアレンジ



リアシートに関しては、35:30:35のほぼ3等分に分けられたセパレートタイプのシート。

1席ずつ倒してアレンジが可能。


チャイルドシートを3つ着けることも出来なくもないそうです。

最近は少子化でそういうケースは少ないようですが、乳幼児3人いる家庭だと車選びの基準がそこになることもあるそうですね。

荷室と収納の工夫

ラゲッジ部分も使い勝手をかなり意識しており、リアガラスハッチの開閉と、上部に飛行機の荷物置きのような収納を備え、トノカバーで上下を仕切って荷物を分けるなど、色々な使い方を想起させてくれます。


上部にボックス

リアシートからもリアハッチからも使える上部収納、寝袋とか仕込んでおきたくなります。

室内側からも収納にアクセスできます。


外観的にスクエアで商用車っぽいのは好みが分かれる部分であっても、収納スペースを見るとそんなネガは吹き飛ぶかもしれません。

謎のサービスホール

個人的にはサービスホールと言うか、フックの設置などが出来そうなところがいくつかあったのが目につきました。

フックか何かをかけれるかも。

ハンガーとかかけるか、ポールを渡すとか。

フタがされている所があり

専用のバーとかをセッティングできるのだろうか。



車体の内装をはがしての点検で使うのか・・・?と思いきや、内部に金属部分のフックとなり得るものがあり、なんかしらのナットやフック・バーなどを渡し、天井空間をアレンジできるのか???と妄想が膨らみます。

残念ながらオプションでそういう類のネットやバーなどは今のところ公式でもアフターのカスタムでも無いようなので、今後社外部品やキャンピングカーへの換装などのカスタムが行われれば、いろんな使い方が広がって多くの人に知れ渡っていくのかな~と思います。

ノーマルのままでも荷室のアレンジや使い勝手はそこそこ良さそう、と言うのがリフターの魅力でしょうか。

プジョーリフターを選ぶ理由

ホントに便利な車が良ければトヨタ車に乗っておけば間違いない、と言えますが、実際のところそこに個性と言う魅力を大きくプラスしているのが輸入車の魅力でもあります。

使い方、使い勝手を具体的にイメージして趣味に商用車を活用するような想定で購入するクルマ、それがリフターと言えるでしょう。
購入検討する方へ・・・

過去にプジョーの3008や5008でも気になっていたシフト制御は数年たってもあまりその癖は改善されておらず、また、ナビの価格設定や装着なども変わってないんだなぁってのが正直な所。

一度くらいはフランス車に乗ってみてもいいかな~と新規のユーザーを取り込んでも、あまりリピートやファンの拡大という訳にはいって無さそうという感じです。

2008に乗ってた方が、フォレスターに乗り換えた(笑)なんてケースも聞いたことがあります。

CVTで滑らか、低重心で走りも良くて、(フランス車に比べて)壊れないし燃費も良い、スバル(国産)サイコーなんてことも・・・


まずは試乗・テストドライブが大事です。何台か乗り比べることで味付けや好みと言うのも見えてくるし、どこまでネガティブな部分も許容できるか・・と冷静に考えることが出来ます。

プジョーリフターの値引きに関しては、滑り出しから人気で納車待ち・オーダーメイド風に納期も3か月前後という事もあり、値引きが渋い傾向にあります。

過去のプジョーの試乗インプレや値引き情報でも触れましたが、ナビとのセットで10万値引き、という事もあったりします。

ナビ装着のメリットの薄い車種かとも思いますが、参考までに。

個人的には7人乗りのリフターロングの登場を待ちたい車種ですね(笑)

過去ブログも参照してみてください。
プジョー2008 ナビとか内装とかどうなの? 試乗インプレ③
プジョー用ナビは中途半端?新型3008試乗インプレ②インテリアなども
グランドC4ピカソ改めスペースツアラー 操作系はどんなか?試乗インプレ②



展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。







90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です