カローラスポーツはGRまで(もしくはマイチェンまで)我慢すべきモデル?試乗インプレ短評

全幅大きいハッチバック

カローラシリーズの順次行われているモデルチェンジで、こんなに大きくなっちゃって今までのカローラとのネーミング以外のつながりが中々見出しにくくなっています。

ボディサイズの大型化とお値段の高騰、一クラス上に移行してしまったかのような印象です。

今回は新型カローラツーリング(ワゴン)に試乗する機会があり、いずれは記事に起こしますがその前にカローラスポーツ(ハッチバック)についての試乗インプレを簡単にまとめていきたいと思います。

値段も上昇


欧州車、特にワーゲンを意識したと思われる車の造りについてはおおむね完成度は高いと評価できます。



価格 2,169,200円(税込)~となっていますが、メインの売れ筋の価格帯としては260万円前後。

ナビや付属品、乗り出しで300万円を切るくらいのプレミアムハッチバック寄りになっています。

ハイブリッドでグレードと走りのスポーティな外観のモデルを求めると300万円を超えるあたり、正直ワーゲンゴルフ買えちゃいます。

ワーゲンもピンキリですが、250~400万円くらいの価格帯で幅は広いですが、台数を稼いでいるのは300万円強くらいのモデルのようです。

カローラスポーツの価格帯としては装備などを相対的に比較するとゴルフよりも50万円くらいは安いハッチバック、というポジションでがないでしょうか。

カローラスポーツのサイズ感


トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”ボディーサイズ
全長×全幅×全高:4375×1790×1460mm


ゴルフのサイズは
全長×全幅×全高:4265×1800×1460mm


車格としてはほとんど同じですね。


エンジン・ターボ・ハイブリッドの設定や組み合わせるミッション、グレード感などはかなり各メーカーの色が出ていて、
カローラスポーツは1.2リッターターボか、ハイブリッドかの二択。CVTと、1.2リッターのみ6速マニュアルが選べます。


ゴルフに関しては1.2リッターターボ、1.4リッターターボ、1.5リッターターボ、GTIというモデルでは2リッターターボと、基本的にはターボモデルのみで排気量の違いでの性能差、といったところ。

ミッションはDSGと呼ばれるダイレクト感を重視したオートマのみです。

走りの性能を比べると


私は各世代のゴルフをいろんなグレードやバリエーションモデルなどで走らせてきたこともあり、正直走りの楽しさ、そしてエンジンのパワー感などの頼もしさ、ではゴルフに分があると思います。

高速道路を走行した時の安定性は高く、ワインディングロードなででもシフトのダイレクト感、キレのよさ、ハンドリングなど意のままに操る感覚を味わえるので、完成度は高いと感じます。


そのゴルフをベンチマークとしたカローラスポーツですが、一長一短かなぁという印象。


ハイブリッドとターボでは走りのキャラクターも違いますが、絶対的な走りの力強さはゴルフに及ばない印象を受けます。

カローラスポーツは改良型のCVTでスリップ感(ラバーバンドフィール)を減らしたそうですが、DSGを前にすればダルダル感があります。

ハイブリッドは力強く滑らかですが、スポーティさとはやはり違う感じです。


逆に渋滞路やストップアンドゴーが多い状況ではカローラスポーツは滑らかに走り、ゴルフはギクシャクすることもある、という感じです。

トータルの燃費性能もターボ、ハイブリッド共に(特にハイブリッドは)カローラスポーツは優秀だと言えます。


そんな中で、カローラスポーツの最大の弱点と言えるのがロードノイズの盛大さです。

225/40R18というカローラ離れしたサイズのスポーツグレードにおいてはクラス最低レベルのロードノイズの発生具合と言えるでしょう。

メルセデスAクラス、BMW1シリーズ、ゴルフはおろか、車格が下のポロよりも劣ると言っても良いでしょう。

営業マンも心得ており、195ないし205サイズがベストでしょうね、とのたまう感じです。

Zグレードよりかは幾分かましなようです。

インテリアの質感とシートのデキ


インテリアに関してはそつなくトヨタクオリティ、良くもなく悪くもなくですが、インパネの造形などはほんの少しの新しさを加味しようとする前向きな姿勢を感じます。

シートのボリューム感などは過去のカローラを大きく凌駕し、レベルアップを果たしています。



コネクテッド機能もオプションではありますが強化され、ハイテクや新しいものを好きな人へのニーズにも応えています。アンドロイドオート・アップルカープレイ、スマホとのリンクなどもLINEカーナビへの対応(2019年時点)などありますが、順次ソフトウェアのアップデートがなされるようです。

しゃべる車というAI搭載ではありませんが、オペレーターにつないでの道案内設定(T-Connectナビキット装着時のオプションサービス)など、レクサスか!!とツッコミを入れたくなるようなハイレベルな機能、操作もできないこともありません。

ヨーロッパ車のグレードの高い車とも渡り合えるようなオプションを選べるという事で、カローラも出世したな、と思うところです。


自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどの先進安全装備もあり、そして一部グレードではシートの表皮のコンビネーションが華やかで、日本車離れした部分もあります。


あくまでゴルフなどの欧州車と比べると、と言うところで評価した部分もありますが、カローラスポーツは単体で見ればそこそこのスポーツ性能を滑らかに発揮する先進装備を付けることも出来る車、という事で評価できます。

ですが、ホットハッチと呼ぶには見た目だけではないスパイスが必要に感じますね。

トヨタの持てるリソースを組み合わせるだけでもエボリューションモデルのようなGRMNの名を冠したクルマが作れそうだとは思います。

G`zとか、GRスポーツとかのローダウンにアルミにエアロの見た目重視のカスタムも良いですが、トータルのパッケージでGTIやRシリーズに対抗できるイメージリーダーが欲しいですね。

マイナーチェンジでGRモデルが追加か?との話もあるようで、おそらく酷いロードノイズもマイチェンで改善されることでしょう。

それまでは購入を待った方が良いかもしれません。


ロードノイズに関して酷評しましたが、50㎞/h以下の街乗り速度であればそこまで気にならないかもしれません。

後は低いグレードのタイヤ幅であれば多少はロードノイズも抑えられていると思います。

登場からしばらくたつモデルで、1割以上の値引きが望めれば購入に踏み切っても良いかもしれませんね。ぜひ試乗してみましょう。

流れの良い国道や、高速道路でも試乗してロードノイズの高まりについても是非確認してみてください。



各車種ライバルなどベンチマークになりそうな輸入車などのインプレッションも参考になればと思います。
特にドイツ車などかな。

過去のその他の車種のインプレッションも参考になればと思います。

レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?

歴代ゴルフをちょこっと解説 7代目と6代目の識別点とか
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。







90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です