そして、N-BOX新型はタントよりも買いなのか?試乗インプレ④

タントはダイハツを代表する左側ピラーレススライドドアが特徴の背高軽ワゴン、言わずもがなダイハツのベストセリングモデルだったりします。
対してN-BOXは背高ワゴンではありますが、どこかアドバンテージがあるのか・・?
試乗インプレ④、エヌボックス2017年新型モデルの試乗インプレシリーズです。

タント・ウェイクに対してのアドバンテージ

ダイハツにはより背の高いモデルとしてウェイク、と言うモデルがあります。

2017年時点ノーマルで軽自動車で全高が最も高いモデルとして登場しましたが、実はヒットしていません。

商用にアレンジされて軽自動車で最もハイエースっぽい感じのモデルとしても売られていますが、それもイマイチ人気があるとは言い難い。

ウェイクの荷室。樹脂フロアに撥水加工シートなどでアウトドアギアっぽさを演出しています。エクストレイルっぽい感じをウリに、使う場面のイメージもPRしていました。

背がマックスに高くて広ければ売れる、という訳ではないことを証明してしまった感じではありますが、総合的なパッケージングが大事ってことですね。

タントのピラーレスの左側助手席&リアスライドドアも便利であり、大きな魅力。

車好きな方からすると剛性面や事故時の安全性に疑問を抱かなくもないですが、そんな声をものともせず200万台売れたとなればそれだけ使い勝手などの魅力が勝ったということです。

タントは中古でも人気なので買っても売っても損が無いモデルと言えますよね。

ただ開口部が広く使えると言っても毎回助手席とスライドドアをフルオープンにするわけではないでしょうから、通常の乗り降りの使い勝手によっては無用の長物となったるすることもあるようではあります。

そして走りのテイストとしては楽しめるようには出来ておらず、意外に硬い足回りなのにロールが大き目でピョコピョコしがちとなっていて、その辺りにN-BOXの勝機があるように思います。

走りも良い

フロアの低さや広さは軽自動車の限界があって同じようなフィーリングではありますが、走りの質感的にはN-BOXがハイト系の軽自動車でベストかな、って感じです。

NAでもターボでも、ライバルのNAやターボよりも少しずつアドバンテージがあるように感じます。

静粛性でも乗り心地でも、加速でも100㎞/h巡行の維持でのコントロール性でも快適性でも一歩リード。燃費性能ではライバルと大差ないってオチもあります。

ホンダセンシングも軽自動車初装備のACC(アダプティブクルーズコントロール)やLKA(レーンキープアシスト)などとの連携で30㎞/h以上の速度であれば半自動運転できるなど、絶対的なアドバンテージがあります。(停止保持までは出来ない)

今後はライバル各社の軽自動車もNボックスを基準に装備や安全装備の見直し・アップデートをするなど、軽自動車の装備レベルやハードルを上げてくれるであろう記念碑的な車となったとも言えます。

次期モデルのタントやスズキスペーシアなどもさらなるスープアップに期待したくなるところです。

2017年現在では安全性能や高い高速巡行性能などでタントよりも買い、であると思います。

総合性能の高さ

勿論価格やピラーレスの魅力など競う点や比較するポイントはありますが、最新モデル故の総合性能の高さは評価に値すると思います。

こればかりは試乗して乗り比べてみないとわからない部分ですが、ぜひ比較はしてほしい車だと思います。

お値段については乗り出しで
標準モデルNAで160万円~ 
N-BOXカスタムで200万円~ 
となっていて、5ナンバー5人乗りコンパクトカーのスイフトなどの150万円~のエントリーグレード~200万円~の上位グレードを超えます。

高価で豪華な軽自動車と、5ナンバーで平凡なクルマと・・なんて比較すると意地悪かもしれませんが、維持費や使用用途、N-BOXターボの高速性能などを吟味してチョイスしましょう。

値引きに関してはざっくり5万円前後、納期に関しては標準モデルは1か月前後、カスタムで1~2か月前後、ツートンルーフ仕様で3か月前後とのことです。

納期が長いモデルほど値引きは渋くなって3万円前後になるとか。逆に販売が落ち着いたらもう少し値引き幅は広くなるでしょう。

オプションのナビは7インチの物が12,13万円前後、8インチの物が21万円前後となっていて、地図やルート案内の性能差は余りないとのこと。

リア用の天井取り付けのフリップダウンモニターは9インチの物が7万円と11インチの物が9.5万円の物を用意しているとかで中々に高価な設定ではあります。

ドライブレコーダー取付はディーラーオプションなどによっては比較的安価に2万円前後で取り付けできるものもあるようですが、メーカーオプションナビ連動とかだと3万円前後となっています。

軽自動車に8インチのナビとなるとかなり大きく、リアシートからでも見えないってことはないでしょう。

フリップダウンモニターも大きさ的に邪魔ではないでしょうが、ipadなどのタブレットを活用した方がトータルのコスパは良いのかもしれません。

メーカーオプションでデッドニングをするという珍しいオプション・ピュアサウンドブースと呼ばれる物が38,800円であったりもします。

販社によっては一件もオーダーのないオプション・・らしいですが、吸音シートや吸引ウレタン、制振シートなどでドアや内張りの隙間を埋めてロードノイズなどの侵入を小さくスピーカーのビビリを抑えるなどで静音性を高めるアイテムだそうです。

製造過程でメーカーでデッドニング・・ってことでメーカーが本気で静粛性を高めたらもっと上がある、というエクストラなオプションだそうです。

ターボであれば、もともとエンジンの回転の高まりに伴うノイズが少なめだと感じたので、さらなるレベルアップをするとどうなるのか気になる装備ではあります。

細々したオプションなども選べますが、大まかにはナビの有無が一番大きく、後はデザイン性を高めるものを好みで選べるようになっている、といった感じです。

用品でもサービス(値引き)の効くもの、効かないものがあるようなので、営業マンに確認しながらオプションを吟味すると良いでしょう。

そもそもの軽自動車のリーズナブルさを鑑みると、余計なものをつけすぎないようにコスパを考えてチョイスですね!


試乗インプレ⑤へと続きます!カスタムについても語りたいですね!!



展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。