3シリーズ4ドアとの違い4ドアグランクーペの意味ってなに? 4シリーズ試乗記⑤番外編

実用性かデザインか

3シリーズの4ドアセダンは実用性を重視、4シリーズの4ドアクーペはデザイン性重視というのがセオリー。

実際のところどうなのか?

4シリーズ試乗インプレの続きとしてブログにしていきます。

4ドアクーペのトレンド

4ドアクーペのトレンドの現代の先駆けとしては、2005年に発売されたメルセデス・ベンツ・CLS。

私の中では1980年代のトヨタ カリーナEDです。

EDは、Exciting(エキサイティング)&Dressy(ドレッシィ)の略というか、こじつけだったと記憶しています。

4ドアクーペの基本はワイド&ローというスタンスに基づくデザインです。

トレッド拡大=左右のタイヤの距離というか幅、踏ん張りの効くデザインとそれにもとづくコーナリング性能や乗り心地へのメリットがあります。

そしてロールーフは居住性が低下しますが、重心位置の低下により、やはり高速走行時やコーナリング時の安定性へのメリットがあります。


BMWの4シリーズのクーペ、グランクーペ、コンバーチブルには現状はディーゼルエンジンの設定はなく、ガソリンのみ。

BMWとしてはクーペ系の優雅なモデルにはエンジン音のガラガラ音が響くディーゼルはそぐわない、とのことで導入されていないようです。

特にコンバーチブルでは屋根を開けるとそれなりに騒々しさを感じる可能性があると言うことで、特にオープンでのディーゼル導入はまずないだろうと。

他のクーペ系ではトルク感や燃費性能の良さを武器にディーゼルを売り出すことはあるかも?とか。

トルクや力感や燃費性能の高さで評価の高いディーゼルの設定が現状無いのは残念ですが、透き通るようなBMW製のガソリンエンジンの吹け上がりを堪能せよ、ってことです。

グランクーペの価格帯

420i グランクーペ Luxury:¥6,260,000 が本命グレードになると思います。

ベースの420i グランクーペ:¥5,870,000

に比べて約40万円のプライスアップですが、アルミのインチアップやレザーなどを考えると妥当な価格上昇だと思います。

後からカスタムしたりするよりもよほど合理的なアップグレードでしょう。

320i Luxury:¥5,640,000の通常の4ドアセダン比ではグランクーペluxuryは62万円の上昇。

3シリーズのラグジュアリーと比べると、アルミのサイズが2インチアップ、ボディの全幅が25㎜アップでルーフが低く、ドアがサッシュレスドアと言うのが大きな違いでしょうか。

足回りの剛性やチューニングにも違いがあるようなので、この価格差も納得できるレベルのものかもしれません。

BMWのラインナップの中では600万円に迫ろうとする価格帯。3シリーズでいいじゃない、と、そうはならない少し変わったモデルをお望みの方には4シリーズの少しハズシた感じのクーペ、良いチョイスになりそうです。

値引きはタイミング次第で、マイナーチェンジ前のモデル、10月ごろに次年度のモデルイヤー発売などの兼ね合いと、調子が良ければ50~60万円くらいはサラッと値引きが出来るようです。

こだわった装備やグレードにしなければ、という前置きは必要ですが、在庫車などであれば値引きが出来る車とも言えそうです。

まぁ、装備も3シリーズに比べればいい意味でチョイスするものが少なく、標準装備品でたいがい満足いきそうな車だと思います。

自動ブレーキやACC(BMWではアクティブクルーズコントロールと呼ぶ)などは標準装備なので安全面や操作、快適性も妥協は少ないかと。

クーペ系のサッシュレスドア独自の故障・トラブル情報としてはパワーウィンドウが落ちる、もしくは不動、と言ったトラブルがなくもないようです。

1か所あたりの修理費は3万円前後、とのこと。

後は6気筒モデルのエンジンヘッド周りのトラブルが散見されるとか。

ボンネットを開けてみるとわかりますが、こだわりの重量配分実現のため、エンジンをかなりバルクヘッド(室内寄り)に食い込ませて搭載したりします。

そのため、熱のたまりやすい端っこのヘッド周りでトラブルが起こったりするようです。

渋滞とか、高温多湿とか、高回転での熱的な大きな負荷とか、いろんな要因でヘッドのセンサーやプラグ関係がダメになったりもします。

補器類であれば一か所・2万円くらい、ヘッド周りの重点整備入ると20万円くらいかかることもあるので、中古で探す場合には覚悟を決めましょう。

走行距離関係なく起こり得るので、要チェックです。

車外でアイドリングやヘッド周りの異音などに聞き耳を立てましょう。ストレートシックスは本当に完全バランスのノイズの少ない回転感であるのが基本なのに、違和感があれば見送った方が良いでしょう。

新車、中古、エンジンが4発か6発か、悩むのも楽しいですね。

ぜひ実車をチェックして、試乗などしてみましょう。

3シリーズとも違った乗り味なので、比較してみてもいいと思います。

2021年追記:エグイ顔の新4シリーズも紹介しています。


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ