4シリーズクーペ・エンジンによる違い 試乗インプレ③

直4で428を名乗っちゃう?

420でも428でも、2017年のマイナーチェンジした後の430であっても、エンジンが直列4気筒2リッターターボで共通。

エンジンのチューニングの違いと装備品の差別化でプライスとバッジが違う、という感じです。

アウディでもワーゲンでもメルセデスベンツでも、そういったエンジンは同じだけど馬力と装備の違いで格上のグレード扱いすると言うのはよくあります。

ダウンサイジングターボの普及によってターボのチューニングの違いなどで体感するパワーの差別化がしやすくなり、一般的になりつつあるような気がしますね。

4シリーズクーペ 試乗インプレッション③です。


4シリーズクーペはBMWの中で最も〇〇が低い車かも?試乗インプレ② からの続き

チューニングの違い

420は184馬力

430は252馬力

MC:マイナーチェンジ前の428で245馬力

最上級グレードの3リッター直列6気筒ターボの440で326馬力となっています。


上記にように、4気筒でも約60馬力~くらいの違い、1.3倍のパワーの差。
4シリーズの428i or 430iのスペックであれば、旧型の3シリーズクーペ時代の3リッターストレートシックスNA(ターボなし)のモデルのスペックを上回っていて、2リッターベースなりに燃費性能も上々です。


外観での識別点としてはバッジとマフラー。

3リッターターボのマフラーは左右振り分けの2本出し、2リッターターボは左側2本出し、となっています。

2本出しのマフラーの中には排圧調整のフラップがあり、低速~中速では排圧をかけてトルクを稼ぎ、中速~高速では抜けをよく鋭い吹け上がりを見せるなどセッティングされています。

性能差・装備差・価格差


420と430の価格差は124万円、アルミホイールが18インチ→19インチへの変更、レザーシートやインテリアマテリアルのチョイスの違いや選択そのものの有無などがあり、ちょっと割高な感じもします。

エンジン性能の差に関してはアフターマーケットパーツでのチューニング(いわゆるロムチューン)により、ほぼ428(430)レベルへのパワーアップが可能であり、アルミホイールのインチアップも純正ほどは高価でなく、かつ幅広い選択も可能です。

ターボはセッティングだけの変更でかなり簡単に馬力を上げることが出来ると言うのは、旧世代のハイパワーターボを知る方にとっては常識かもしれませんが(;^_^A R32以降のGTRとか、2JZのスープラとかアリストかと、SR20のシルビアなどなど、馬力を封じ込めて売られていた車種をご存知であればイマサラ~って感じかも。


そう考えるとマイナーチェンジ前も含めて420のクーペラグジュアリー辺りがレザーシート着きで見た目と走りとでかなりお得な感じでしょう。

走らせてみての実用域に物足りなさを感じなければそのままでいいし、物足りなさを感じたらチューニングと言うのもあり。

私が試乗したのは初期型の428iでしたが、エンジンの性能に関しては余裕ある感じだと思います。

8速あるATは燃費走行も、猛烈な加速も、どちらもこなせるジキルとハイド的な性能と言えます。

燃費も馬力も効率の良い使い方ができる感じで、車を走らせていてのメカニズムの作動フィーリング全体にスマートさと緻密さを感じ、気持ち良い走りを堪能できると思います。

どうせ価格帯の高いBMWに乗るなら6気筒、シルキーシックスと呼ばれるBMW伝統の名機に・・と思う方も居るかもしれませんが、性能的には4気筒ターボで十分で、ノーズの軽快感的にも4気筒の方がメリットがあると思います。

高速道路の長時間走行でも不足はないと思います。

もちろんストレートシックスの方が馬力に相当の余力があるのでハイウェイをクルージングするにはベストと思いますが、相当長距離を走っても、エンジン性能の差で疲労感が違う、と言うのは本当に僅少の差でしかないかと。



コーナリングもハイウェイも楽しめますが、街乗りに関しては6気筒ではハイパワーを持て余したりでちょっと微妙と言えます。

手頃な扱いやすさを備えているけど

4気筒でも軽快に走るし、扱いやすいとは思います。

運転感覚的にもスポ―ティに走るには素晴らしい着座位置ですが、若干見切りの悪い部分もあったり、全幅に関しても全幅1,825mmとそれなりにあるのと長いボンネットなどで狭い路地では取り回しにやや気を遣うかもしれません。

地上高も高めではないので、バンパーやボディの腹をすらないように駐車場のスロープや狭い駐車場などでは注意が必要ですね。

そこそこの超距離の移動の車には良いと思いますが、短距離を繰り返す場合にはもう少しコンパクトな車種の方がベターでしょう。

奥様のアシ車にはちょっと過剰な感じもします。

続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ