4シリーズクーペはBMWの中で最も〇〇が低い車かも?試乗インプレ②

超低重心クーペ

BMW JAPANのプレスリリースにもあったように、現行BMWモデルで最も低い重心位置を実現しているという、4シリーズクーペ。

ドライビング・ダイナミクスにおいては、約50:50 の理想的な前後重量配分という拘りもあったりします。

428iクーペ試乗インプレ②

試乗インプレ①からの続きです。

リアの流麗なライン

後部座席の居住性はあまり進化はしていないと思いますが、BMW 4 シリーズ クーペは、BMW ならではのショート・オーバーハング、ロング・エンジン・フード、そして、流れるようなルーフラインにより、エレガントさがあります。

4人乗りも車内空間を贅沢に使っている証、とは思いますが、後部座席にもそれなりの居住空間とドリンクホルダー付きのアームレストもあるので急場をしのぐことはできると思います。

トランクスルーはオプションで28,000円、装着すればリアシートを4:2:4に分割可倒して使えるようになります。リアシートを倒せれば二人乗りの車プラス奥行きの広い荷室として使うということも可能でしょう。


でも、エレガンスだけで終わらないのはBMW。

私が究極に重心低いなぁ・・と思ったことの一つとして取り上げたい部分があります。

スーパーローポジションのシート


サイドシルの下に潜り込むような物凄いローポジションに設定できるシートと言うのがあります。


428i クーペ Luxuryのシートでも結構スポーティで背もたれ側に関してはかなりサポート感のある車との一体感を感じられるものが採用されています。

目線の低さや車に乗り込む感覚はスーパーカー的であるとも言えます。

結構ネタに出来るレベルでシートを低くダイブダウンさせることが出来る感じです。

もちろん見晴らしの良い状態にシートを調整することも可能です。

電動でウィーンと動かしてポジションメモリーもOK。

シートベルトローディングアシスト

シートベルトはBピラー(フロントドア後ろの柱)に設置されています。

旧型モデルなどではシート本体にベルトが着いている物があったりしましたが、現行モデルでは車の柱の部分にあるタイプです。ドアが大きいため、ベルトのある柱の部分も後退しているので、ベルトを取るのが大変なのでは・・と思う方も居るかもしれません。

しかし、心配ご無用。シートに座ってドアを閉めると・・・


シートベルトをアームで伸ばして肩口まで届けてくれるギミックが!

助手席にも同様の機構があります。

リアシートから見るとこんな感じ。


数年使うと擦れてやや劣化してくるような気もしますが、ラグジュアリーな演出として話のタネにはできそうです。

ちなみに助手席に重い荷物を載せると人が着座しているとセンサー的に判断するようで、シートベルト伸びてやってきます(笑)5分くらいすると引き返すかな。

車との一体感を感じる

このシートポジションとホールドの良さ、そして重心の低さなどでこの車独特の乗り心地を実現できていると思います。

路面に吸い付くように、そしてロール少なく、なめらかにコーナーを駆け抜ける。

足回りは19インチと大き目で薄い扁平のランフラットタイヤを履いていますが、乗り心地はかなり良く、高速道路のギャップなどでもあまり跳ねたりせず、揺れの収まりも早くてスポーティさを感じさせつつ、そこそこ快適です。

3シリーズのMSportよりも高次元でバランスを取っているように感じるでしょう。

この4シリーズの乗り味をもっと3シリーズに還元したら?と思わなくもないですが、そこは車格が上としての棲み分けと言うのがあるようです。

BMWではセダンやツーリングなどの4~5ドアモデルには奇数番を、クーペやスペシャルティなモデルには偶数版を振り分けるというナンバリングルールを採用しているそうです。

2017年現在は2・4・6のサイズとグレードですが、今後は8シリーズクーペも復活を控えてるとか。クーペラインの充実も楽しみなところ。

スポーティさがウリのクーペではありますが、セーフティの面では歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、発進停止制御機能付き前車追従「アクティブクルーズコントロール」や、車速やルート案内などの情報をフロント・ウインドーに投影する「BMW ヘッドアップ・ディスプレイ」というドライバー支援システムを標準装備し、安全装備面も一通り網羅していると言えます。

ちょっと変わった選択肢として、少しハイクラスに仕立てられた贅沢なクーペを見てみると面白いかもしれませんよ。

クーペ好きの人は少ないながらも一定数はいる、という理由がわかるかもしれません。

試乗記③に続きます。


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ