で、結局ティグアンは買いか? 2017年新型試乗記④

ティグアンの強み

ライバルは多いけども、ティグアン独自の強みはあるのか?

2017年モデルチェンジ フォルクスワーゲンティグアンの見どころ買いどころオススメグレードについて記事にしたいと思います。

過去のティグアンの試乗記

トゥーランと同じ○○のティグアン 2017年試乗記③

インテリアは質実剛健…地味


見た目のアグレッシブな進化に対してインテリアはさほど華やかではありません。

ハイライン以上のグレードでは標準、コンフォートラインにはアップグレードパッケージとのセットオプションのナビを装着するとややハイテクで今どきなインターフェースを備えた感じになります。

9.2インチのモニターの大きさでドドーンとインテリアのインパクトを見せるタイプとも言えます。

同クラスライバル車とのサイズ比較

ティグアンのサイズ
全長(mm)4,500・全幅(mm)1,840・全高(mm)1,675
BMW X1
全長×全幅×全高=4455×1820×1610mm
メルセデスベンツGLA (グレードにより全高は±20㎜くらいは変わります。)
全長x全幅x全高:4455x1805x1505mm
アウディ Q3
全長x全幅x全高:4,400x1,830x1,595 mm
トヨタ C-HR
全長4360mmx全幅1795mmx全高1550mm

サイズに関してはライバルと目される車種とほとんど横並びですが、全ての数値において少し大きめにできています。

旧来の北米でのアウディの、ライバルよりちょっとずつ大きい戦略で見栄えを良く、というのをワーゲンが日本で売り出しているという・・日本では大型化は一定のアンチによって迎えられる傾向にありますが、ティグアンのサイズはまぁ、まだギリギリ許容なのかなぁ・・今後のモデル展開ではもっと小さいサイズのT-ROCというモデルも登場予定なので、全幅1800㎜超えに違和感を覚える方はそういったモデルを待った方がいいのかもれしれません。もしくは国産車であればC-HRとかヴェゼルとか・・

中身や評価でライバルに勝てる?

見栄えでいくとワーゲンにしては立派ではありますが、メルセデスベンツのバッジの強さにはかなわず、BMWのスポーティさにはかなわず、燃費ではC-HRには全くかなわず、と言った感じですが、室内空間の広さ感や居住性などと走りのトータルでのバランスの良さが強みです。

GLAのFFモデルは走りの活発さがないのが弱点であり、室内も狭め。ちょっと古くなっていますが装備に不足はなく、値引きも30万前後とそこそこ効くようなので値段的にも一番のライバルとなるかも。

BMWは複数のエンジンと駆動方式が選べスポーティな走りで室内もそこそこ広い、バランスの良さがあり、サイズや走りが近いですが価格帯がやや上でしょうか。500万円くらいが主流だそうです。

Q3に関しては値段のわりに自動ブレーキシステムがないなど、1世代前の感じなので論外です。Q3のモデルチェンジまでは比較対象にならないでしょう。強いて言えばQ2という新型もありますが、やや小ぶりになります。

C-HRの見どころはハイブリッドの燃費の良さと価格でしょう。300万円くらいとやはり輸入車と比べると割安ですが、ナビは別です。まぁ、ティグアンも安値のグレードではナビ別でセットOP40万円超とかなり割高な設定ですが。

いろんなモデルと比較試乗するのが良いかと思います。各モデルの展示車を見比べたり、フロントとリアのシートに乗り降り、荷室の奥行や幅などを測ったり感じたり自分なりの評価を比較すると面白いと思います。

人気のモデルではありますが、納期に関しては登場から若干の月日が経過したこともあり、さほどの待ちはなく1~2か月くらい。

個人的なオススメグレードはコンフォートラインで、ナビは無しで、アマゾンで安いポータブルナビを着けるのをお勧めでしょうか。



一番安いグレードにこそワーゲンの魅力があると言うの説を推したいところ。

試乗インプレッションなどでトータルで評判の良いグレードはハイライン以上で、装備のフィッティングの良さで輸入車としての美しさやまとまりを感じることが出来ますが、価格が500万円に近くなってしまいます。

輸入車選びであれば500万円以下で探すことも多いかと思いますが、その価格であればX1のディーゼルモデルなどの方が魅力的に感じる可能性もあります。

値引きに関しては1割引き、30万円くらいを目標にしましょう。

販売店や希望するグレードにによりますが、せめてナビ相当額の20万は引いて欲しいところですね。下取りはなしで見積もりをもらい、買い取りに出す前提で値引き交渉してリアルな値引きをゲットしましょう。


ワーゲンでは4motionと呼ぶ4WDモデルや、日本以外では売られているディーゼルモデルやSUVクーペルックのモデル、全長をストレッチしたオールスペースと言う7人乗りのグレードの追加は今のところは不明だそうです。

情報あれば更新したいと思います。


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ