インプレッサ試乗記⑤ なぜ納期が長いのかスバル車の謎に迫る!?

スバルの納期の長い理由

受注生産に近い状態で、高い利益率を誇る、とか、北米向けの生産に重点を置いているからとか、諸説ありますが、インプレッサに限らずスバル車は最近納期が長めだそうなんです。

インプレッサ試乗記⑤、として、納期・値引きなどについてまとめていきたいと思います。


新型インプレッサの納車までのスケジュールとして、上記のような要因が絡み合って、納期は平均して2~3か月程度が標準的な状態だそうです。

北米で人気、日本でも評判、スバルの生産能力はほどほど、ということでレガシィでもレヴォーグでも似たような感じだとか。

モデル末期のフォレスター辺りは在庫以外はほとんど売らず、欲しいなら受注生産になる、みたいな感じのようです。

インプレッサの派生車種であるXVも2017年に新型に切り替わる予定だとかで、積極的に売る気はないとか。

最終型は完成度が高く、値引きも期待できるので、気になる方は要マークです。安全装備に関してはアイサイトversion3ついていれば新型インプレッサと遜色はないと思うので、スバル車はオススメです。

新型XV情報もすこし


新型XVはボルボのV40クロスカントリーのようなデザインイメージで、新しいハイブリッドシステムを搭載予定だとか。

車高を上げた本格派コンパクトクロスオーバーとなるのでしょうか。

日本車離れした造りになりつつも、安全装備で世界をキャッチアップしてほしい。

人気のカラーとか

インプレッサの納期は2リッターモデルで2~3か月、12月発売の1.6リッターに関しては3か月前を見てもらっている、と営業マンの話にあるように、評判がよく人気があり、あまり大量生産する(できる)わけでもなく、2016年内に収めるのは難しい状態だそうです。

色による納期の差はあまりないそうです。


人気のある色は定番の白とか黒とか。


アイスシルバー・メタリックやクォーツブルー・パールなどのカタログやCMのイメージカラーはそこそこの人気だそうです。

輸入車からの乗り換えとかでよく出る色だとかで、デザインとの相性が良いように見えるとか。


明るめの、色味がある感じの方がボディの抑揚が効いた感じがきれいに見えるのかも。


スバル車を歴々乗っている方はダークブルー・パールやブラックなどのカラーリングを好む傾向にあるとか。

赤とガンメタ系の色は微妙だそうで。

輸入車からの乗り換えの受け皿にどこまでなれるか


ちらっと出ましたが、輸入車からの乗り換えが多いとかってことですが、インプレッサを選ぶ理由として、欧州車に見劣りしない安全性の高さと言うのがあります。

自動ブレーキの先駆者として、歩行者保護用のエアバッグの標準化なども進めていて、ボディ剛性高さなどの定評さもあり、丈夫で安全、みたいな印象のようです。

ボディの若干の大型化は取り回しやコンパクトカーとしての要求を満たすにはデメリットではありますが、走りの踏ん張りの効くトレッドや、室内の適度な広さ感を手に入れているなど、メリットもあります。

価格的には200万円~で適度に大きい車に乗れるというのもサイズ当たりのコスパで言えば抜群に良いという考え方も。

水平対向エンジンも、ボクサーサウンドを響かせるものでなく、さらにターボのハイチューンでなく、日常使いとしては十分なレベル。

高速道路においても100㎞/hまででは丁度いい出力特性とも言えます。

自然吸気なので加速感はそこそこですが、ふけ上がりは軽く、巡行も苦ではないです。

パワーはレヴォーグに譲る

旧世代と言えどもターボ付きのレガシーインプレッサに乗っていた方には、加速の鮮烈さを持ち合わせていないことに不満を覚える方も居るかもしれません。

そういった方はエクストラコストを払ってレヴォーグをお勧めします。実燃費は10〜13km/L前後。

高速を走れば15㎞/Lくらいは行きそうです。

チョイノリばかりでは10㎞を切る可能性もあるので、燃費を重視される方にはノートe-Powerなどのハイブリッドコンパクトをお勧めします。

燃費的に2倍は走りますが、ハンドリングなどの走行性能や運転する楽しさでは若干劣ります。

インプレッサの値引きの限界は


新型インプレッサ、2リッターモデルの値引きとしては10万円前後、オプション関連ではナビ(機種による)で8万円前後の値引きで、現状合わせて18万円前後の値引きが限界値だとか。

出てすぐに1割引きであればかなり頑張って引いているように感じます。

1.6リッターモデルについては発売前、だれも納車してない現状では値引きは一桁万円台とのことで、少し厳しいかも。

200万円前後で素のモデルを堪能するか、300万円前後でターボなしの最新スバルの最高グレードの車をゲットするか、悩ましいところ。

販売店的にはコンパクトカーの乗り換えでは前車、輸入車からの乗り換えを検討する方は後者、のパターンで商談が進むことが多いようです。


個人的にはアクティブトルクベクタリング、アルミホイールの18インチ化、LEDヘッドランプやクリアビューパック、サイドシルのエアロなど装着された2.0i-Sアイサイト2WD:237万6000円/4WD:259万2000円がお買い得に感じます。

それにリヤビークルディテクションとハイビームアシストをセットにしたアドバンスドセイフティパッケージ(5万4000円)を装着すれば安全装備の面では最強に。

ナビはお好みで必要であれば、となりますが、センターのディスプレイとの相性の良い8インチのナビを装着(34万円前後・・ですが8万円値引きできるとか?)を着ければあとはほかに何も要らないレベルの完全装備になる。

やはり、300万円コースか・・・FFか4WDかは積雪地かどうか、ウィンタースポーツに繰り出す頻度が高いかで、必要かどうかで選択しましょう。

スバルだから四駆・・という呪縛は忘れ、FFでも十分に快適快速爽快です。ゴルフやボルボV40をチョイスするような気持で出来の良いFFと思って乗りこなすのがスマートでしょう。

2017年登場のスバルXVの試乗インプレもUPしました。


スバルXVは新たな地平を拓くのか?試乗インプレ①




展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です