冬のバイクを温浴効果的に楽しめる?電熱ヒートインナー

オープンカーで、シートヒーターと暖房ガンガンでひざ掛けとグローブを着けて走ると冬でも露天風呂に浸かりながら走っているような変わった体験を出来るってご存知でしょうか?日本国民の1%も知らないような体験かもしれませんが、頭だけ涼しく(寒く?)それ以外が暖かいというのはある意味温浴的な感じだったりします。頭寒足熱をオープンカーで体感する的な感じですね。
ダウンロード (1).jpg
バイクでもそれができるかも・・?
ここ数年で盛り上がりを見せる電熱ウェアのシリーズ。
バイクのモディファイやカスタムはそこそこで、乗り易さを重視するように楽しみ、乗っているときの自身のコンディションにお金をかける方が増えているとかだそうですね。

デイトナのラインナップ。新しくなったヘンリービギンズのものもデイトナ系のアイテムです。
RSタイチのシリーズはバッテリーやバイクとの接続で親和性が高いオプションが多数アリ。

グリップヒーターではなく、電熱グローブという選択肢も。

バイクでのツーリングでは出先でのラーメンやホットコーヒーやグルメ、温泉などを楽しむなど多いと思います。冬場や秋口の早朝や夕方だとせっかく温まった体がバイクで走って冷えてしまってはコンディション的によろしくない。そういった時の補助に電熱アイテムを活用できるとスマートかもしれません。電源入れなければ通常のインナーのようなものなので、日中の10度台の暖かさと0度台の寒さと、電源のオンオフで対応出来たりもします。イチイチバイクから降りてインナーウェアの来たり脱いだりを省けるだけでどれだけバイクが身軽で快適になれるものか、想像するだけで楽しいものです。
流行のアイテムではありますが、ここ数年の進歩は素晴らしく、使い勝手も向上しています。新しいバイクとかであれば、USBのポートがあったり、シガーソケットが標準で着いていたりする車種も増えてきているようです。
冬場でもバイクを駆るライダーにはオススメのアイテムであり、一冬で元を取れるアイテムかもしれませんよ☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。