今RXが売れている・・その要因とは?

RXが売れている

2015年に4代目となったレクサスRXが売れています。

と言っても国内販売ランキング上位にガンガン食い込んでくるほどではありませんが、レクサスNXに次ぐ国内2打目のヒットですかね。

北米では4台に1台はRXというレベルでかなりの稼ぎ頭ですが、日本市場では大型化・高価格化されたことにより冷遇されていました。

レクサスブランドに切り替わったのは2005年、ハリアーの2代目の終わるころで、2009年にレクサスRXとして引き継ぐようなイメージでしたが、デビュー当時に3.5リッタ―とハイブリッドの上級グレードしか用意しないという暴挙に出て販売不振。

国内的には旧型ハリアーの継続販売、ハリアーとして新型を、と望む声が高まりしかたなくハリアー復活。

そしてRX270 (安いバージョン)を2010年末に追加設定するも時すでに遅く、レクサスのSUVは日本国内での販売は悲惨な状況に。NXでようやくヒットしたと言えるようなところです。

NXに寄せつつデザイン刷新

そして、その弟分のレクサスNXに追随するようにデザインを寄せてRXをリリース。

エンジンも一気にダウンサインターボで2リッターに。

2リッターターボに4WDまで設定しちゃって完全にパワートレインはNXです。

上級グレードにはもちろんハイブリッドを用意していますが、売れ筋は2リッターターボのFF推し、もしくは4WDになりました。

ココで売れたよRX


サイドからリアにかけてのピラー部分のブラックアウトにより、ルーフが浮いて見えるデザインに。

見た目に軽快感が生まれ、大柄なボディサイズが締まって見える効果も。デザイン的にNXに似せてますが、スポーティさもあり、一気に売れ筋に。

RXのサイズと走り


全長×全幅×全高=4890×1895×1710mmと大柄

大柄なボディサイズではありますが、最高出力238psの2リッターターボは味付け的には十分パワフルです。

カタログ燃費は11.2km/Lで、車重も2トン近くありますが、街乗りでは8㎞/L前後となる感じで、旧世代のSUVよりはだいぶ優秀にはなっています。

NXよりも車重がある分出足などは軽快ではありませんが、良好な乗り心地やスムーズな挙動、アクセル操作に過敏でなくマイルドな雰囲気も、疲れにくい車として完成度が高い印象。良い車感があります。

RXの内装・インテリアナビなど


インテリアもかなり豪華で、ナビモニターのサイズも大きいです。

センターの時計やスイッチの配置など、うっとうしいというかシツコイというか、ちょっと濃い目の味付けのような感じもあります。北米では演出過剰くらいの方がウケが良いようなので仕方がない部分です。解り易く豪華で、高級感はあります。



安全装備もレクサス・セーフティ・システム+と呼ばれるものがあり、プリクラッシュセーフティ、レーンキーピングアシスト、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールなどの自動ブレーキや追従アダプティブクルーズコントロール的な物もあり、快適で安心感の高い長距離ドライブが可能。こういった先進装備も人気の要因です。

RXの価格帯

価格設定もかなり良い感じです。

エントリーモデルの位置づけとなる「RX200t」のFF仕様は見栄えの良い20インチホイールを履いて500万円を切る価格。

2リッターターボも最新世代の物で、納得のいく価格であり人気が出るのも安さあってこそと思います。

BMW X3や、メルセデスベンツGLCなどと比べて車体は大きいのにかなり安い印象です。

旧型のキャリーオーバーで豪華に飾り立ててハリアーの値段倍だった3代目の価格設定は何だったんだ?と疑問を抱きたくなりますが、4代目にして価格と価値のバランス、そしてデザイン性などがまともになったと言えます。

その他にも、下取りが良かったり、リセールバリューが高かったりと、法人での節税に使いやすいプランというのも有るみたいで、売り易くなったとも言います。

まとめ

ヒットの要因がいくつも重なり、今はかなり納期がかかこともあるようです。

値引きはなしのワンプライスということで、端数切りなどの5万前後、そして3か月前後。気になったらNXと比較しつつ、展示車の内覧、試乗などしてみると良いでしょう。

今後のモデル展開としては、ロングボディになって7人乗りが追加されるとか、クーペ風のモデルが出るとか、噂があったりしますが、日本での発売は微妙。

国内での販売ではあまり台数稼げず、ラインナップの整理なども含めてかなりレクサスはかなり難しい局面と言えます。ディスカバリースポーツやBMW X4、メルセデスGLCクーペなどと対抗したいところですが、日本市場でそれらのブランドや車種に勝機はないと考えているようで、少ない車種で少数精鋭販売とPRしていくとか。できれば攻めたモデル展開をしてほしいところで、今後に期待したいですね。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ