X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?

年次改良で値下げ、末期?

現在のBMW X3(F25)は2011年に日本市場に登場、2014年に外観を中心にマイナーチェンジをしています。

今回は2016年の年次改良で車間距離を維持するアクティブ・クルーズ・コントロールの標準化、レザーシートとシートヒーターも標準化などいままでpackageでメーカーオプションだったものが装備されています。

マイナーチェンジ前とも比較すると価格的にもお得になっているかもしれませんので、簡単にブログで紹介していきます。

500万円台から装備充実したX3

現行(F25型)はサイズはそのまま、デザインの変更ですでに後期型になっていますが、年次改良のタイミングで従来のモデルよりも10万円前後のアップとなりますが、


X3が599万~800万円
X4が699万~863万円


と言った設定となっていて、少しリーズナブルになっていると言えます。

後期型はヘッドライトがグリルとくっつくような感じで力強さがあるデザインと、スポーティな外観が特徴です。

何度か試乗したことが有りますが、特にエムスポーツなんかはSUV(BMW的にはSAVという)とは思えない足回りのスポーツよりなセッティングにより、コーナリング性能は高速走行時の安定性とかはライバルを寄せ付けないものもあります。

反面、乗り心地の良さなどでは少し比較すると劣るかもしれません。

500万円台と言ってもほぼ600万円ですし、売れ筋になるMスポーツなどのグレードでは700万円前後の予算感になります。

ライバルとなるGLCなどとの比較

2016年に登場した、最新のGLCが628万~796万円

ブランニューモデルの ジャガーF-PACE が639万円~981万円

となっているので、サイズも近いこともり、価格面ではいい勝負になるかも。

実際のところモデル末期ではあるので価格で勝負と言った側面のある年次改良。

安全、快適装備の充実はほかのモデルとの先進性のアピール合戦のようなものですね。

燃費の良さが強みか

BMWに特有のスポーティさを持つ反面、X3の乗り心地の硬さがある足回りは、好みが分かれるものとも言えます。

Mスポーツであれば過剰な演出とも取れるくらいですね。

GLCはかなりデキが良く人気モデルになっているそう。

ジャガーも出たばかりということもあって話題にはなっています。

Fペースも機会があれば試乗してレポート記事にしたいと思います。

X3 xDrive20d ディーゼルモデルであれば、燃費は18.6km/L、環境性能の高さは今でも第一線のものを維持しています。

今後のモデルチェンジにも期待ですね。

新型X3についての情報を更新しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。