2代目フリード! 待たせすぎ!8年目のモデルチェンジ情報!

2016年の9月以降のタイミングでフルモデルチェンジを予定している新型「フリード」の画像を公開!
20160624-10247074-carview-000-2-view.jpg
フィット3とステップワゴンの中間位のデザインに見えなくもない。
5ナンバーは死守、ボンネットとフロントガラス下端が膨らんだ感じにも見えますね。
細々と売っている現行型。 ナビのキャンペーンをほぼ通年しているようで、値引きと合わせてかなり割安に乗り出せるようです。
20110922-20200311-carview-000-2-view.jpg
ライバルの「トヨタ シエンタ」が2015年7月にフルモデルチェンジ、ガソリンモデルでもそこそこの燃費(20.6km/リッター)ベーシックグレードは170万円弱、上位グレードにはトヨタの本物のハイブリッドモデルをひっさげて登場したことで、フリードの存在感はかすみましたね。
フリードは、2008年に登場しいて8年が経過するモデル。5ナンバーサイズのコンパクトミニバで、キャプテンシート仕様の6人乗り仕様と7人乗りグレードがあり、車両後部を低床で広々とした荷室に仕立てた5人乗り仕様「フリードスパイク」もラインナップされていました。両側スライドドアと豊富なシートバリエーションで人気爆発、6ヶ月以上の納車待ちが出たこともあったようですね。
シエンタに対抗すべく、フルモデルチェンジが待たれていて、1リッターのターボや新型のハイブリッドか!?と噂が飛び交い2015年末の登場かと言われていましたが、見送られ、2016年秋、ということがようやく決まったようですね。
ホンダの先行公開ページでは、「ちょうどいい」を受け継ぎながら、居住性や燃費性能、走行性能を向上させるということを謳っています。5ナンバーサイズを維持、低床パッケージ、薄型シート下燃料タンク、居住性の向上、ハイブリッド化はほぼ確実だろうと思われます。ダウンサイジングターボの1リッターターボの搭載もうわさされていますが、実用性と耐久性で不安が残るとかで見送られることになりそうだとか。フィットとかで初採用になるのでしょうかね?スペック的に需要を満たせれば、ヤングファミリーユーザーの人気が出る可能性を秘めたモデルと言えそうです。
現行のフリード:174万6000円~フリードハイブリッド:239万2400円で、シエンタとまる被り、設計や予防安全性能の新しいシエンタにユーザーを持っていかれるのは明白。2代目となって、パワートレインの進化と価格と燃費のバランスによっては逆転のチャンスはあります。シエンタに対して優位性を打ち出せるか、満を持して、だいぶ引っ張って登場する次期フリードに期待したい。

今さら?あえてのフリードの街乗レポート!モデル末期ですけども・・・

もしかしたら実用車の星☆になるかも!?新型シエンタ試乗

過去記事も併せて良かったら見て下さいね!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。




90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。