CR-Z 2016年で生産終了(泣)高すぎたFFスポーツハイブリッド

CR-Zは、燃費に優れるハイブリッドカーでも運転する楽しさを求め、スポーツ性を融合させた意欲的なもでエルでした。コンセプトカーのまま市販したかのようなデザインコンシャスなモデルで、登場当時は月に10000台くらい売れ、カーオブザイヤーを受賞するなど出足こそよかったものの、その後は低迷しました・・・
原因は、狭さと硬さと価格の高さ。明らかです。
実用的でないリアシート、硬すぎる足回りのスポーティさに対してそこまでパワフルではないハイブリッドシステム、そして乗り出し300万円・・・更には燃費もパッとしないといったところです。
日本の狭い峠道を爽快に走るのであれ中々いいマシーンと言えます。
全長x全幅x全高:4075x1740x1395mm(グレード・年次により全長が若干異なる)
車両重量:1150kg前後
燃費 CVT: 22.8 km/L・MT: 20.6 km/L
ショート、ワイド、ロー、とスポーツカーの定義を満たしています。デザインとしては秀逸です。
4160609-cr-z_001H-20160611095414-618x281.jpg
ハイブリッドシステムは、1.5L i-VTECエンジンとHonda IMAシステムを組み合わせ、2.0Lガソリンエンジン並みの加速性能と低回転域のトルクを実現していいます。
トランスミッションには、スポーツ走行にも適した専用設計の6速MTと、パドルシフトを採用し低燃費走行からスポーツ走行まで対応するCVTの2種類を設定。
シートの着座位置はものすごく低く、スポーティ
4160609-cr-z_006H-20160611095415-618x456.jpg
でも「スポーツカー」ではなく、「スポーツタイプの車」であり、外観から来る印象と比べて、パワー、トルクとも控えめと言うのが正直なところ。出足はモーターアシストのハイブリッドの美点として良いと思いますが、例えば86と比べてエキサイトメントがあるか?と言えば、微妙!と言わざるを得ません。
ドライブモードの切り替えは3ドライブモードシステムと言われるものでエンジンやミッション、エアコンやパワステのアシストなどを統合制御してできるもので、燃費の良い運転をするとスピードメーター外周の照明が青色から緑色に変化するアンビエントメーターなどの、エコアシスト機能もあります。
2012年のマイナーチェンジでバッテリーをリチウムイオンタイプのアップグレード、モーターの出力を向上するなどし、さらにPLUS SPORTボタンを追加、3リッターのV6エンジン並みの加速を実現したとのことでした。初期モデルのユーザーからのパワー感の不足を2年で修正しましたが、そこまでのテコ入れには至りませんでした。
2015年のマイナーチェンジでは30km/h以下での追突防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム」を選べるようにするなどしましたが、あまり話題にもならず・・・
2016年内をもって生産を終了することに伴って限定モデルを2016年6月に発表
– 特別仕様車「α・Final label(ファイナル レーベル)」
「α」グレードをベースに、「CR-Z Final label」ロゴを入れた前席専用ブラックコンビシート(シートはロゴ刺しゅう入り)、アルミ製コンソールプレート、ブラックプライムスムース・ドアアームレスト、専用マット塗装17インチアルミホイール、ピアノブラック調ステアリングガーニッシュ、ナビ装着用スペシャルパッケージ、プレミアムペダル、トノカバーを装備ベース車両に対し10万円UPの280万円。ボディカラーは専用色の「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」を含む3色を設定、ルーフをブラックアウトした2トーンカラー仕様も2色設定されるとのこと。
高出力なエンジンやハイブリッドモデルの国産スポーツセダンが300万円前後で購入可能なことを考えると、CR-Zの打ち出しは今や微妙なところ。86やBRZもライバルとなりますが、惨敗と言えるでしょう。出た当時の先進性の高いデザインや装備、演出など、もはや時代遅れ感すらあるのが残念なところです。
デザインで選ぶ車であり、割り切りが必要なモデルです。
中古で購入するなら2012年以降のモデルがオススメです。最終モデルも狙い目かもしれませんね!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。




90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です