時代遅れのパワートレインと肥大化したボディ レガシーアウトバック試乗①

時代遅れになってない?

2014年の10月にフルモデルチェンジしたスバル レガシーシリーズ。

栄華を極めて空前のスポーツワゴンブームをけん引したツーリングワゴンはカタログ落ち、エンジンのバリエーションも4気筒のターボに2.5リッターNA、3リッターNAのフラットシックスなどたくさんありましたが、今はB4とアウトバックのラインナップで2.5リッターのNAのみです。

ターボや水平対向6気筒がフラッグシップにふさわしいと思わなくもないですが、北米的にはこのエンジンのウケが良いということで、一本化されています。

サイズも大幅に大きくなったレガシーの販売の主戦場はアメリカ、日本向けのツーリングワゴンの後継モデルとしては2014年6月にデビューしたレヴォーグがその穴を埋めていて、日本国内販売ではレガシーは1万台前後、レヴォーグが3万台前後となっていて、ほぼスバルの狙い通りになっているようですね。




レガシーシリーズはスバルのフラッグシップとなるということで、サイズも大柄。

全長x全幅x全高:4815x1840x1605mm となっています。


メルセデスベンツCクラスとEクラスの中間くらいのサイズ、中身はEクラスよりも広く、4WD標準で走破性も安全性も高い。

自動ブレーキ関係もスバルとボルボが日本国内の先駆者であり、2008年のモデルから採用されていたりします。

もっとさかのぼれば1999年に追突を警告するシステムや、前車追従クルーズコントロールなどを一部グレードに設定していたなど、なにげにハイテクな車の先駆車でもあります。

イメージとしては走り好きの人の車、四駆で高速をぶっ飛ばしてゲレンデに行く車、というのがありますが、それだけではないんですね。


スバルで残念なのは外観の野暮ったさと、インテリアの地味さと統一感のなさ。

コンセプトカーまでは良くても、市販車でダサくなる典型です。

インテリアも世代とかモデルでバラバラになりすぎて、かつ地味、スバル共通のインテリアのアイデンティティとしては古臭くて地味、くらいのものしかありませんでしたが、新しいレガシーは悪くはない。

レヴォーグもまとまりがそこそこあって良いけども、レガシーのサイズとボリュームを活かしたインテリアは意外と悪くありません。

外観はメッキやシルバーの加飾で上手に高級感を出していると言えます。

4800㎜を超える全長も、いい意味でボリューム感があり、サイドビューも伸びやか、価格の割に性能も見栄えも良いですね。

エンジンとグレード構成


エンジンは2.5リッターのNAで、馬力は175PS トルクは24㎏-m カタログ燃費は14.6㎞/L、組み合わされるトランスミッションはCVT、4WDというパワートレインは2グレード共通です。

スタンダードグレードと、リミテッドという上級グレードの2種類しかありません。

スタンダードは17インチアルミが標準、リミテッドはレザーのインテリア、18インチアルミが標準、サスもリミテッドにスタブレックスライドと呼ばれる上級の物がおごられています。その他装備品でも差が付けられていますね。

エンジン性能やミッションによる性能差はなく、足回りや見栄え、快適装備などの差で選べばよいタイプですね。あまり複合的な組み合わせでないのはシンプルなモデル選びとしては良いですね。


走りの性能としてはダウンサイジングターボが主流の現代においては古クサい印象もあり、レヴォーグの1.6リッターターボとほぼ共通のスペック(1.6ターボ:170PS/25㎞-m)のような感じで置き換えればいいのに・・・と思わなくもないですが、排気量ならではのNAの粘りのあるパワー感で良い走りをします。

トルクに厚みがあると言うか、温かみのある力感と言うか、ターボとは違ったナチュラルな力の立ち上がりです。

レガシーの以前のモデルのように、カタログ燃費との乖離はあまりなく、実用燃費も悪くないようで10~12㎞/Lくらいは走る印象です。

高速道路であればほぼカタログ燃費通りを達成しそうです。スペック的に古臭いかと思っていたら、かなり良いんですよね。


今回試乗したのは18インチにスタブレックスライドと呼ばれる足回りにレザーシートのアウトバックリミテッド。リミテッドされていますが、別に限定車ではありません。

225/60R18にサイズの18インチ、硬めですが乗り心地は悪くはありません。

低重心の設計からか、上下の揺さぶりやロールが少なく、しっかりとした欧州車っぽい足回りです。なんちとなくワーゲンっぽい感じですかね。

ゴルフヴァリアントオールトラックやパサートオールトラック的なテイストとも言えます。価格帯も意外と接近しているので比較になるかも?

続きます。

レガシーアウトバック試乗記②ではインテリアなどを中心にレポートをまとめました。

2021年新型情報も更新しました



輸入コンパクトSUVやワゴン系の4WDの車種などがライバルになりそうですね。価格帯は違うケースもありますが、比較対象として、国産のクロスオーバーワゴンの水準を知るために、レガシー・レヴォーグ辺りは試乗とかしておくといいかも?

レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ