車の人気のカラー、売りに出す時に有利なのは何色?

車を購入する時にボディカラーって大事ですよね。メタリックカラーが有償オプションだったり、ツートンのルーフカラーを追加料金で選べたりと、選択肢が増えていますが、車の色にまつわるお話をしたいと思います。
購入するときには色で値段が変わらないとしても、中古車となると人気の有る無しで値段がかなり上下します。ということは、買い取りや下取りの時点でも価格が変わっているんですね。中古でも人気のある色は高く買い取ってくれる、ということで、色選びは重要な要素なんですね。
個人的に特別色として最近気になったのが、レクサスRC専用カラーのラディアントレッド。メーカーオプション価格が15万円で、中塗りに高輝度シルバーを使用し、角度により陰影がくっきりとあらわれるという特徴があり、納期が他の色よりも+1~2か月かかるカラーとのことで話題になったりしていたそうです。
ちなみに変わったボディーカラーのネーミングとしてはトヨタセンチュリーの、「神威」(かむい)、「摩周」(ましゅう)、「瑞雲」(ずいうん)、「鸞鳳」(らんぽう)、「精華」(せいか)など、ジャパニーズイメージの色名もありますね。
最近多い残価設定プラン、3年後や5年後の車の価値を想定した走行距離などを交えてあらかじめ設定して月々のローンの支払額を抑える支払いプランのことですね。ローンの最後に車の価値に応じて清算するのですが、3年後や5年後の価格と言うのはメーカーの言い値ではありますが、実際のところ色でも3年後や5年後の残価の金額が変わります。
すごくぶっちゃけるとアウディでは色を白系か黒系にすれば3年後や5年後残価高く設定することができるので、ワンランク上の車、グレードにすることが出来る、とも言っていました。ローンの審査が難しい人でも数十万通せる金額が変わるとも・・・
同じ車を購入しても、白系か黒系を選べば、売る時はその他の色よりも高く売れる可能性が高いと言うことですね。はたまたぶっちゃけるとシルバー系の金額がベースで、白系か黒系だと10~50!万円アップで、その他の色はマイナス、不人気になりそうな色=車のイメージに合わない色(大概ビビッドな色)や、青(インプレッサのWRブルーは除く)や紺など・・・は結構厳しいそうです。買う時に特別色で大枚はたいても、売る時に報われない可能性があるということを覚えておきましょう。ディーラーの営業マン的に特別色を推してきて、有償カラーだから下取りで有利、なんて言ってきても、人気が決めることなのでアテにならないので鵜のみにしないように。
特定の車種だと、フェラーリのレッド+内装がベージュレザー(通称赤タン)やインプレッサシリーズのWRブルー、ランボルギーニのビビッドなカラー、ベンツのシルバーなどは例外的に高く買い取ってもらえることがあるとか。これはなんとなく覚えておきましょう。
さらに、特殊な人気カラーとして、ハリアー、ランクルのゴールド・・・
crsm0000000000.jpg
c151ecf1-s.jpg
一部のマニアに人気・・ではなくて、
中国で縁起の良い色として富裕層に大人気だそうで、海外に販路がある買取店であればかなり高値で買っていってくれるそうです。
私が知人に聞いた数年前の話では、220万で買った中古の5年落ち金ハリアー、3年3万キロ乗って180万で売れるという奇跡が起こった、と言っていました。中国のバブルの時期かなんかかと思われますが、タイミングが良ければそういうこともあるのかもしれません。
まあ、実際のところ、相当認知度が高くて人気のある色でないと、例え特別限定カラーでも白黒以外は高ねで売るのは厳しい可能性があると覚えておきましょう。
車を少しでも高く売るのであれば、
下取りよりも買い取りの方が優位
なケースが多いようです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です