輸入車の基礎知識 なんでドイツ車のホイールはあんなにブレーキダストで汚いの?

激烈に汚れるホイール


欧州車のアルミホイール、ブレーキダストでメチャ黒くなっていたりするって、気になったりましませんか?

日本車でももちろんブレーキのカスやその他汚れで汚くもなりますが、輸入車、中でも特にドイツ車、さらにはベンツとBMW辺りはそうとう激烈にホイールが汚れます。それには理由があるんですね。

ヨーロッパ車全般に言えますが、車の走行する速度の領域が日本よりも高めで、その設計上の速度設定に合わせてブレーキの必要な性能も決まってきます。

そこには効きの良さや耐久性、熱に対する対フェード性の強さなどの条件をハイレベルに満たすという必要性があります。

日本車、特に低いグレードのミニバンやコンパクカーなど、いまだにリアブレーキがドラムだったりしますが、ドイツ車だと前後ディスクブレーキが多く、ワーゲンのコンパクトカーのポロなんかでも前後ディスクだったりするので、考え方の次元が違う、そんな感じです。

輸入車のブレーキの効かせ方の根本として、ブレーキパッドとブレーキディスク(ローター、円盤状のアレ)両方が身を削りながら効かせるというのが多く、これが原因でブレーキダストの多さにつながり、アルミホールの汚れがひどい、ということになりますね。

ちなみにブレーキローターもパッドとともに削れるのでわりと短い走行距離で交換が必要になることが多く、外車は維持費がかかる、ということにつながっているとも思います。

特にスポーツモデル気味の車種はそういった部分の交換などのコストが高めです。国産車に乗っているとブレーキローター換えましょう、なんて滅多に言われることは無いかと思います。

効きの良さとのトレードオフ

ドイツ車はブレーキのタッチも硬質で効きが良いと感じることが多く、ブレーキとローターの性能のマッチングが日本車のそれとベクトルが違い、フィーリングも違うということですね。

前後の重量配分へのこだわりの強いBMWなどは車両全体が沈み込むようなブレーキの効きの良さが心地よかったりします。

一時期のメルセデスは雨天時の走行中に定期的にブレーキパッドとローターをこすらせて水分や汚れを落として常に最大の制動力を発揮できるように備えたりと、ハイテクな安全性の追求をしていた時代もあったような。(この機能は不評でしたが)

しかし、そこまでの効きを求めず、ブレーキダストを減らすほうを優先したい!と言うことであれば、社外製のノンダストタイプのブレーキパッドに交換しても良いかもしれません。

信頼性の高いメーカーで、信頼のあるショップで相談しながら作業してもらうのをオススメしますが、ジャッキと工具数点でセルフで作業出来なくもないので、知識や経験あるお知り合いがいるなどであればDIYもいいかもしれません。

アマゾンでBMW用 ブレーキパッド検索


アマゾンでベンツ用 ブレーキパッド検索

低ダストパッド全般的な傾向として、初期の効きが甘くなる、サーキットなどの全開走行⇔急ブレーキの連続で効きが著しく悪くなるなど、デメリットがあります。

半面、ブレーキローターへの攻撃性が緩和され、ブレーキパッドやディスクの持ちがよくなるなどのメリットもあるようです。自分の使用条件なども加味してチョイスしましょう。

アフターマーケットのパーツを活用して快適なモーターライフを送れると良いですね。


役に立ちそうな情報として

のブログにて欧州車のブレーキパッドとセンサーなどについてちょっとまとめました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です