NEW XC90 超速レポート① ボルボ史上初の1000万越えのデキとは?まずはアウトラインを

2リッターターボでありながら、1000万を超えるプライスタグを掲げた車というのはそうそうあるものではないと思います。

まさかの、と言ったところか、ボルボ新型XC90はプラグインハイブリッド仕様で、ボルボジャパン史上初1000万を超えます。



4950X1960(T5のみ1930)×1765のサイズは旧型XC90より長く、幅広く、ほんのちょっとだけ低い7人乗りのSUVです。

大きくなったが軽量化に成功して燃費性能などブラッシュアップされています。

こだわりの安全装備や予防安全性能は世界トップクラスの物が標準で妥協することなく満載です。

旧型は2004年に登場していたと思うので、12年ぶりの新型登場といったところです。

旧型XC90は登場当時は5人乗りと7人乗りの設定があった時期があったり、エンジンも2.5リッターターボ、3リッターターボ、3.2リッターNA、4.4リッターV8があったり、安全性を売りにしているブランドでボルボ各車が追突予防や前車追従クルーズコントロールがついているのにXC90だけは設定がないまま2015年まで売っていたり、フェンダーミラーが着いたり取れたりと、長寿命な中で右往左往していたモデルだったと思います。

満を持して登場したフラッグシップだけあって、安全装備や快適装備はてんこ盛り状態で、先進技術のオンパレード、その分価格が上がっているのが残念ではあります。

新型は1番安いグレードでも774万円~となっており、旧型が実質600万弱~とサイズの割に手頃な?価格で購入できたことを考えるとかなりランクアップしてしまっています。

自動車全般、というか特に北米市場向けの車がメインの輸入車などもサイズアップとプライスアップが著しいので、今後もどんどん高くならないか心配です。


搭載されるエンジンは2リッターターボ、2リッターターボ+スーパーチャージャー、2リッターターボ+スーパーチャージャー+プラグインハイブリッド、のガソリン3種類が日本でのスターティングラインナップとなっています。

当初はディーゼルも同時に日本市場に投入予定だったそうですが、ワーゲンの排ガス試験不正問題が起こり、日本での認可や試験の見直しなどありそうだということで、販売開始と同時導入は見送られることになったとか。

時期を見てのエンジン追加となるかもしれませんが、先は分からないですね。

今回は中間グレードのT6インスクリプション(2リッターターボ+スーパーチャージャー):909万円にオーディオとエアサスを装備した車に試乗したので前編後編に分けてインプレッションをお伝えしていきたいと思います。

ちなみに、この試乗車も乗り出しでは1000万を超えるそうです・・・

フルオプションは良いんですが、ボルボでその価格をデモカーにねぇ~って思ったりします。

試乗インプレ②へと続きます。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です