新型セレナはダサいのか?2023ルキシオン・オーテックとXV実車外観を考察!ボディカラーとか一番特別扱いなのは?

評価の割れる外観

2022年11月28日に発表となった新型セレナ。

フルモデルチェンジとは言えプラットフォームは2世代前のもののキャリーオーバー、だがしかし外観デザインは大幅なイメージチェンジで変化があります。

新旧新型セレナ比較

旧型セレナいかついけどクセのない顔だったこともあって、そういった面も評価され、人気車種だったとも。

今回のモデルチェンジ版日産セレナは果たしてダサいのか?EVファミリーフェイスになったセレナの先行展示車をチェックして来て実車写真・画像を踏まえてインプレッションしていきます。

新型セレナのボディサイズ

セレナのボディサイズは
標準ボディの場合、全長4690mm × 全幅1695mm × 全高1870mm 5ナンバーサイズ

ハイウェイスターは、全長4765mm × 全幅1715mm × 全高1870mm(最上級のルキシオンはルーフにプロパイロット2.0用のアンテナフィン(たんこぶ)が装着のため1885mmらしい)で、3ナンバー車

上記のようなサイズ感となっています。

実はさらにビッグなボディの設定のセレナが隠し玉であって、オーテックは4810×1725×1870mmと長さも幅もセレナの中で最大級となっています。

外観はグレードによる差が大きい

以前に展示車・実車を3台チェックしていて、ダイジェストの速報ばんでババーと写真を羅列、ブログにまとめています。

そこでは外観デザインについての大まかな解説、内装についてもチェックした部分の概要を解説しているので、とりあえずどんな感じか、イメージを掴めるのではないかと思うのですが、今回は具体的に新型セレナの中での差別化・比較・違いの部分を細かくチェック。

まず、標準フェイスとハイウェイスター・ルキシオンの顔の違いをチェックです。

ハイウェイスタ・ルキシオンの上下に繋がったグリル
X・XVは分割グリル

違うのは顔だけでなくて、全幅も20mm違い、5ナンバーか3ナンバー違うなど、旧型のセレナやその他のミニバンと同様に標準ボディとエアロボディ・エアログレードでの作り分けのようなものがなされています。

ノア・ヴォクシーやステップワゴンなどのライバル車は5ナンバー枠での車作りを取っ払い、5ナンバーミニバンではなくジャストサイズミニバン・ライトサイジングミニバンとかってことで大きすぎないけど適度に大きいお取り所を模索する事態に入っています。

5ナンバーを堅守したのが評価されるか、それがウィークポイントになるかはこれからの市場が答えを出すのかもしれません。

ハナシを新型セレナに戻すと、個人的にはX・XVの標準フェイスはのっぺりしていてダサい、若干カピバラっぽいとか? ぬーんと前に飛び出てやや力が抜けた感じ、目を細めている感じとか・・・ボディカラーのせいか動物っぽく見えるような。

カピバラのイメージ

ボディカラーは利休:リキュウとなっていた展示車のe-POWER XVのフロントフェイス、まぁ、正直実車では洗練された感じよりも脱力感を感じるように見えました。

日産セレナC28 X・XVのフロントフェイスイメージ

この辺りはシンプルでクセがない感じと捉え方によっては変わってくるものです。

ボディカラーとのコーディネートによっても見栄えはかなり変わって来そうですね。

ぜひ実車でチェックしてほしいとともに、でもやっぱりハイウェイスターに誘導するための敢えてのデザインのようにも見えます。

オーテックはエルグランド狙い?

展示車の中にはオーテック仕様の新型セレナもありました。

ハイウェイスターをベースに専用色のカスピアンブルーとブラックのツートン仕様で、引き締まった外観が目を引きます。

New Serena Autech

ガソリン、ガソリン4WDと、e-POWERにオーテック仕様が設定されていて、持ち込み登録NMCオーテック扱いとなっています。

オーテックはサイズも変更されており、全幅が1725ミリと全セレナのグレードの中で最大サイズのモデルでもあります。(登録は実測値になる)

エルグランド風の外観のまとめはある種サイズや価格帯も踏まえて一つ上のクラスに踏み込んだ感じもありますね。

セレナとエルグランドのオーテック比較

専用エアロパーツの装着をオーテックが行うため、納期がプラスになることや、ツートンカラーも専用色を交えて設定しているためにそこも納期がプラスαかかることもあります。

さらには日産セレナの基本的な乗車定員の設定に関しても、本来はルキシオンしか設定のない7人乗り仕様がe-POWER AUTECHにも7人乗りキャプテンシートが設定されるなど、e-POWER AUTECH価格4,150,300円という金額でルキシオン相当の7人乗りシートが手に入るので、大穴かもしれませんね(笑)

ただし、足元、アルミホイールは16インチとなっていて、インチアップサイズは用意されていません。エクストレイルならオーテックで19インチとかあったのにと思うと、ドレスアップ派には物足りないかもしれません。

新型セレナルキシオンの差別化ポイント、実は大してない?オーテックの方が充実してたり特別カラーの設定などもあるか・豊富なボディカラーの設定の解説などなど…詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ