新型セレナ展示車チェック・実車の外観と内装写真画像を紹介・ルキシオン/オーテック/XV(速報ダイジェスト)

2022年11月28日に世界初公開されたフルモデルチェンジ版新型セレナC28型。

実車の写真・画像を多数紹介して行きます。

カタログも頂戴しており、詳細な解説はまた後日、まずはダイジェスト版です。

新型セレナカタログもゲット

新型セレナの展示車

新型展示車三台の外観チェック、一台は中に乗り込み内装などもチェックしました。

実際の車両をチェックするのはまだという方も多いかもしれませんので、参考になれば幸いです。

セレナ AUTECH(オーテック)とLUXION(ルキシオン)の展示車と

e-POWER AUTECHとLUXION

e-POWER XVグレード:カラー名は利休

標準フェイスのセレナe-POWER XVグレード
ベージュ:カラー名は利休

合計3台3色の新型セレナのチェックでした。

ブルー系の2台

青い新型セレナのボディカラーは両車料とも青なんですが、微妙に色のニュアンスが違います。

フルモデエルチェンジに伴って最上位グレードとして用意されたセレナ e-POWER LUXION(ルキシオン)の青は、今回のセレナのカタログカラー、イメージカラーであるターコイズブルー(PM)/スーパーブラック 2トーン<#XKNスクラッチシールド>特別塗装色です。

ターコイズブルーとブラックのツートンのルキシオン

こちたのルキシオンの外観のイメージとしては少し明るい青に見えます。

フロントフェンダー上の上のセレナの文字入りのデザインアクセントのパーツがやや明るいトーンのシルバー加飾となっています。

ここのパーツがシルバー系
SERENA の文字がうっすらと

ポジションランプがキラッと綺麗です。

横ラインがメインのグリル周りのメッキも割とギラギラ系ですね。

もう一台の青いセレナはオーテックバージョンで、青が少し深みがある。

AUTECHエアロで武装したセレナ

ボディカラーはカスピアンブルー(M)/ダイヤモンドブラック(P)2トーン<#XGTスクラッチシールド>特別塗装色(AUTECH専用色)となっています。

湘南ブルーと呼ばれる日産オーテックのイメージカラーのような感じです。

オーテックのエアロ・フロントリップのシルバーの縁取りのラインと、ブツブツのメッキがややエルグランドっぽい感じに見えるでしょうか。

オーテックのギラギラ系グリルと
シルバーのフロントリップが存在感

日産の中では兄貴分に当たるエルグランドに迫る外観の迫力…は言い過ぎですかね(^_^;)

オーテックの方の色味は光の当たり方でかなり深みがあるブルーブラック系に映える感じもあります。

NEW NISSAN SERENA AUTECH

流石にエルグランド級のボリューム感はないですけども…

2台とも、最上位グレード、エアロカスタマイズカーとして、存在感は十分にありますね。

フルモデルチェンジ版新型セレナ

サイドビューは旧型セレナっぽさがかなり色濃く残る感じもありますね。

外観に大きな影響を与えるアルミホイールのサイズが16インチ縛りなのもあって、ライバルと比較してしまうとちょっと物足りなさを感じるかも。

ステップワゴンではスパーダプレミアムラインが、トヨタではS-ZやZ系の上位グレードでは17インチだったりしますのでね。

利休のセレナXV

色の名前ですからね、利休。

利休(リキュウ)はベージュ系のボディーカラーの設定で、2トーンカラーの設定もあります。

利休(リキュウ)

フロント周りが少し大人しく、アッパーグリルとロアグリルが離れています。

少しバランス悪く見えるのは気のせい?わざとなのかしら? バンパー下側の黒い開口部、わざとダサくしているようにも思えるバランスで、平面的で取って付けた感があるデザインのようにも見えなくもない。

フェンダー上の装飾パネルはブラックというかガンメタっぽい感じになっています。

こちらの展示車は中に乗り込み内装や使い勝手、シートアレンジなどもチェックすることが出来ました。

利休 イーパワーXV メーカーオプション装着車両

アルミホイールはメーカーオプション、 タイヤサイズは205/65R16 ホイールサイズは16×6.0Jインセット45PCD114.3 5穴ですね。タイヤサイズは全グレード、ルキシオンもオーテックも共通の16インチ縛りです。           

ハイウェイスター未満のグレードは、スチールホイールだったり、外観も冴えない感じに仕立ててあるなど、上位グレードに誘導するための噛ませ犬的な存在のようにも見えます。

 

新型セレナの内装メーターや、運転席・助手席、2列目・3列目のシートに実際座って見ての感想などなど…詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ