【日本最速インプレ?】電動BMW・iX3試乗インプレ①諸元・サイズスペックとリアル航続

お値段862万円の完全なEVであるBMW iX3、日本仕様はMスポーツのみの設定でなんとFRのみ。電気自動車購入の助成金は都道府県により異なるそうですが、最大で80万円ほどになるようです。補助金含めれば少し安くなるけど、高価格帯なのには間違いありません。

当面はモノグレードで、iシリーズ(電気自動車ライン)でありつつ一応X3シリーズの価格帯の中ではトップグレード風でもあります。

2021年11月販売開始、発売日は11月4日だったようです。

モーターはドイツ生産、車体・バッテリーの組み立ては中国で行うとかハイブリッドな生産体制のようで、日本に入ってきて国内で一般ユーザーにはまだ納車された方は皆無の状態のようです。

そんな中、日本仕様に試乗してきました。

ブログとしては最速でしょうか?インプレッションとしてまとめて行きます。

iX3のサイズ・諸元

iX3はベースであるX3とほぼ同サイズの全長 4,740 mm x 全幅 1,890 mm x 全高 1,670 mmとなっています。

モデルチェンジ当時のブログで価格や性能の比較をする時の参考になるかもしれません。

現行型になってからのマイナーチェンジ、LCI:ライフサイクルインパルスについてのブログもあります。

兄貴分のiXよりかは小柄です。iXはほぼX5のサイズ感だったりするEVです。

重量は2.2トン、重いです。

モーター出力:(kW〔ps〕):210 〔286〕
最大トルク(Nm):  400
0~100 km/h加速(秒):6.8
航続可能距離(km)(WLTP):461km 
最大充電容量:  10分間の充電で最大100kmの追加が可能
(ハイパワー充電ステーション)
前輪タイヤサイズ245/45R20
後輪タイヤサイズ275/40R20

荷室容量: 510 Lとなっていて、ベースのX3の550Lより若干狭くなっているものの、PHEVよりは少しスペースの確保に成功しているようではあります。十分には広く実用的です。

FRで286馬力トルク40キロ、胸がときめきますが、車重が2.2トン、しかし、試乗して走らせてみると重さを感じさせず怒涛の加速を魅せます。

アルミは20インチが標準で、インチダウンとしては18インチまでは対応できるようではありますが、ただ、回生ブレーキなどのユニットで干渉する可能性があるので実車確認は必須でしょう。

というか、インチダウンしてスタッドレスを履かせるにしてもSUVの形ではあるものの重量級のFRだったりするので雪道性能は高くないものとも思われます。寒冷地では電池の性能が低下する傾向にあります。ゲレンデでスマホやデジカメの電池の減りがめっちゃ早いとか経験したことありますよね?なのであまりゲレンデエキスプレスとしては使い物にならないかもしれません。

充電時間と走行可能距離

BMW iX3:最長461kmの走行が可能、18.5-18.9kWh/100kmの電力消費率を実現(リチウムイオン電池容量は80 kWh 345 V 232Ahというスペック)

リアルなスペックで言うなら、満タンで高速使ってちょっと遠出のイメージで往復300キロ圏内なら安心かな?って所のようです。それを超えるのなら途中途中での充電計画を綿密にとなりそう。

急速充電器では最大80kWで充電、急速70分以内で約80%までの充電できて、おおよそ300~350kmくらいは航続距離的にイケるのかな?ってところですね。

出先での充電としては、パーキングエリアやサービスエリアでは毎回停めるたび充電して自分も休憩をしておけ、というのと、泊まりで出かけるなら充電ステーションのあるホテルや宿、近くに充電ステーションがあって夜と朝ちょいちょい充電できるか?などをドライブプランに入れ込む必要はなんじゃかんじゃありそうです。中国とかの方がインフラ的には進んでいるか気になりますが、日本ではそこまで進んでいる感じはないので、出先は特に注意ですね。

自宅や公共の普通充電の設備では最大9.6kWでの充電、と言われてもよくわからない感じですが、日本の家庭用の200V電源に、BMWバッテリーウォールチャージャーを使って充電するイメージで、7時間程度で満タンになるもよう。

家庭用って100Vでは?と思う方もいるかもしれませんが、家庭に引き込んでいるのは200Vで、エアコンなどの大型家電などは200Vのままで通電するなどして、それ以外の普通のコンセントは100Vで通電していることがほとんどです。BMWの充電ユニットはその200V部分から電源を取るように工事することになるそうで、おおよその工事費は33万円程度とのこと。

BMW ウォールボックスで車両を充電している間に、ご自宅の電源を使って車内とバッテリーの温度を調整することができるなど、走り出す前にバッテリーの暖気??をしておくことが出来て、朝の冷え込みの寒さでいきなり性能低下と言うのを避けることも出来たりします。

家に帰ってきたら取り敢えず充電つなぐという生活スタイル(スマホのように?)になるってことですね。

ライフスタイルとEV

BMWはがんばって電気自動車を日常的なものに落とし込み、幅広いライフスタイルにフィットするように、とコンセプト的に謳っていますが、正直人の方がクルマにあわせてライフスタイルやドライブ計画をフィットさせねばならんのが現状ですかね。

サステイナブルな思考を持つ人に

サステイナブルな移動を望む人に

と言われていますが、エコのための我慢はまだしばらく必要かも。

充電環境整っている地域なら上手く活用することも出来るかもしれませんが、もしかしたら無理矢理活用するためにライフスタイルの再構築が必要になるなど、目的と手段を取り違わないように注意しましょう。

基本的な安全装備はハイレベル

現状のBMWの運転支援はほぼほぼ全部載せで、ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能、アクティブ・クルーズ・コントロール、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、最大50mまでバックで戻れるリバース・アシスト、パーキング・アシスタント、Amazon Alexaとの連携と車両の音声操作AIなど、超充実しています。

ドアミラーにもカメラ(両方)

センサーもカメラも満載で半自動運転的なことが可能で、ポテンシャルはモノ凄く高いですね。

電動でも駆け抜ける喜びはあるし、ハイテクな運転支援も充実していってます。

FRのEVとしてハンドルを切る喜びも、モーター走行とACCの相性の良さなど上質な走りをマシーンに任せて操る楽しさもあり、どちらも楽しめて満足感の高いドライビングプレジャーのようなものがあると思います。

これから10年15年かけて電動車に切り替わっていく時代の変わり目で、電動モデルに触れる機会も増えていく中で、一つの参考・基準・ベンチマークとしてiX3は注目に値するモデルだと思います。もとの車両のレベルが高ければ、中古になってもバッテリーが多少劣化してもそこそこ需要はありそうでもあります。

試乗インプレ②へと続きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。