グリルが!?新型LXのボンネットはスクープ通りだった…かも

2021年10月14日、ついに新型LXが発表になり、そのフロントに驚愕した人も多いはず。

威圧感あり過ぎでダサいか、ボリュームがあってかっこいいか

ちょっとグリルやり過ぎでは?と賛否の声があるように思います。

過去のスクープとの答え合わせもしていきます。

グリルしかないLX

ナンバープレートが無いということもあり、グリルが飛び出し過ぎで面積大き過ぎ問題が気になります。

ボンネットのラインは、以前のスクープの通り、レンジローバー風でフロントの前に切りこんだラインで、グリルの横バーも概ねビンゴ!って感じでしょうか。

レンジ風のフロントの水平ライン。

レンジローバー

ランドクルーザー300

グリルに被るようなラインに

フロントのスピンドルグリルはかなり派手になっております。

新型LX
予測合成写真リーク風…

とりあえずLXはヘッドライトは3眼LEDでポジションランプはレクサスのアイコン的なデザインを採用して、大きく立派できらびやかなグリルで強い押し出し感をウリにしているってことです。

いい目をしている

北米や中東、中国でウケるデザインのようで、日本で見るとちょっとパンチが強そうって初見では思いますが、たぶん見慣れますね。

インパクトがあって新しさもあるし、下品だって声やダサいって意見もあるでしょうが、売れれば勝ち、それが価値、話題になるからアリなのかなって所です。

サイドビュー、そしてカラー

伸びやかなサイドビューは5m越えでしょうか。

アルミは22インチで、電動車高調整機能も付く。ランドクルーザー300系との明確な差別化ですね。

AHC(Active Height Control suspension)アクティブハイトコントロールサスペンションは乗り降りで車高を下げたり、オフロードで車高を上げたり、高速では車高を下げたり、コーナリングではロールを抑制したりと、中々に電子制御で脚を固める感じですね。

乗り心地、安定性、特にオンロードでの高速安定性が良くなるのに期待ですね。

ボディサイズと白の輝きのバランス

ホワイトはNXなどで人気のホワイトノーヴァガラスフレークを設定する感じでしょうか。Fスポーツ専用ボディカラーなのかもしれません。

Fスポーツの設定や、日本専用グレードでオフロードグレードを用意して、ランドクルーザー300GR-Sportとのバランスにも配慮するのでしょう。

よりVIPな感じのインテリア

新しく4人乗り仕様のスーパーVIP仕様のLXも設定されるとのこと。

アルファードのエグゼクティブラウンジ的な感じで、メルセデスマイバッハなどや、ボルボXC90などもそういった4座大型SUVを展開して海外では好評なようなので、しっかり真似していきます。

 4人乗り仕様はハイヤーっぽくも使える設定ですね。

助手席前倒しでモニターも倒して広々と

コックピット周りも液晶多めで最新のレンジローバーをしっかりとキャッチアップしていきます。

12.3インチのモニターしたに7インチモニター

エアコンの物理スイッチは残していても、各種すっきりしたセンターコンソール周り。

機能面で気になる電動パワステの採用

そして、私が気になるニュースリリースの中で、従来の油圧式パワーステアリングシステムから新規にモーターと減速機を用いた電動パワーステアリングに切り替えた、と言うのが結構衝撃で。

オフロード走行の耐久性で油圧でなければ、と言うのが新型ランドクルーザーの時には言われていたものの、技術的に見送ったのではなくて、コスト的に見送ったのね、ってのがあって、電動操舵アクチュエーターに頼るステアリングアシストではなく、電動でステアリングそのものをハイパワー高トルクのヘビー級オフローダーを操るってのが興味深い。

何が興味深いって、電動パワステを採用することで、パーキングアシストが最新世代の物が採用される可能性が高まり、そして内輪差とかでぶつける可能性が低くなるというのがすばらしいかなって。

ハンドル制御のレーントレーシングはモチロンのこと、アドバンストドライブなどの採用:ハンズフリードライブにも対応するのかも期待できそうなのもいいですね。

今後のハイブリッドの追加と日本発売

レクサス的にはイメージ戦略上ハイブリッドを採用するなどの電動化や先進運転制御技術を取り入れていかねばならないのもあるので、今後の展開に期待ですよ。

日本での価格が気になるところですが、北米価格よりもだいぶ高くなる可能性があって、日本使用は1200万円~ではないかと思われます。4シーターだと豪華使用で1500万円は超えてくるかもしれません。

導入次期としては、2022年1月発表・発売、と言っても実際の納車はもっと先になる可能性も。

半導体やハーネスなど電子制御の激しい車は納期も激烈に掛かる可能性があって、納車は春か夏にでもなるかもしれません。なんて悠長なこと言ってたら、ランドクルーザーみたいに第三国への輸出転売のターゲットにされたりして、転売ヤーのせいで納期1~2年とかになるこtもあるかもしれませんね。

納期には要注意です。

続報を楽しみに待ちましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です