新型シビック試乗インプレ・デキが良くても売れるとは限らない見本のよう

いいモノが売れるとは限らない、評価が高くても人気になるかはまた別のハナシ。

じわじわと評価を上げて逆転するケースもありますが、人気出るまでに時間がかかりすぎると売り上げが想定の水準に乗るか?…ってころに販売終了打ち切りになるってことも。

ホンダフリードは数年越しで宿敵シエンタを駆逐し、モデルの存続が決まったとも言いますが、こういったケースはレアかしら?

セダンハッチバック不遇の時代、ホンダの2021年新型シビックについて、インプレにまとめていきます。

走らせてみていい車だとは思うけども

速さやキビキビさを追求しつつも安い、と言う古いコンパクトハッチのシビックの残像が日本に根深く残る現状で、新しいシビックは人気が出るか微妙というのがまず前提にあります。

おそらく新型シビックが、そこまで売れない事はホンダだってわかっているとは思います。中にはシビック打ち切ってオデッセイを意地でも残した方がまだ良かった、と言う声もあるとかなんとか。

ただ、シビックに乗ってみるとね、コレはいいクルマだ、ときっと思うハズです。

良く言えば、デザインとかもアウディっぽいシンプルでクリーンな感じだし、走らせてもアウディやフォルクスワーゲン的な適度な硬質さと力感のようにも感じなくもないです。

ただ、売れるかはまた別、と言うのも多くの人が思う所だし、同じような予算感であれば、ユーティリティ性でヴェゼルとかを選ぶ人の方が圧倒的に多いでしょう。

スポーツ性能を求める方はシビックならTypeRを高くても買いそうな気がします。予算感的なものでスポーツモデルを求めるならば、キビキビ走るコンパクトハッチならスイフトスポーツに行っちゃうだろうし、もう少し上のクラスであればレヴォーグとかだってある。

5ドアハッチバックでそこそこスポーティで乗員がそこそこ快適に移動できるそこそこのサイズの車、とのことで、地域や国によって、特にアメリカで人気が出て、そっちでガンガン売れるのは理解できるけども、日本でジャパニーズピーポーが好んで乗りまわすタイプのクルマではないのも同じように解ると思います。

シビックのサイズは全長 4,550 mm x 全幅 1,800 mm x 全高 1,415 mmで全幅が広めですが、今となっては標準的なサイズとも言えそうです。

1.5リッターVテックターボにCVTのモデルの試乗でしたが 182PS・24.5kgfmのパワーユニットはリニアに反応して、走らせて気持ちよく楽しい。

パワーに不足はなく、走り出しの質感であったりとか、速度を乗せていく感覚とか、過剰な反応はせずそれでいて十分にパワフルで余裕があると感じさせてくれる味付けのように感じます。

18インチアルミでタイヤサイズは235/40R18、転がりに重さを感じさせず、路面への吸い付きを感じさせるグリップ力、コーナリングの滑らかさなど、乗って走らせれば分かるようなクオリティの高さを感じます。

大げさかもしれませんが、交差点一つ曲がるだけでなんだかいいクルマ感を感じるかも(笑)

サスの動き、車体の剛性感、リアの追従性とか、やはりセダンベースの強さ(ハッチバックですけども)があり、ゴルフとかアウディA3などのFFベースの欧州車に劣らないとも言えそうです。

WLTCモード燃費16.3km/Lとなっていて、国民車のベーシックカーとしては及第点、燃費性能的には価格の上昇は免れませんが、e-HEVモデルのハイブリッドに譲るとして、走りのテイスト等トータルでレベルの高い車と言えそうです。

下手にノートオーラのようなプレミアムコンパクトで高価なクルマを買うよりも、全幅のサイズを許容できるならシビックの方が良いのでは?と思える価格設定と乗り味のように感じました。

インテリアも良いけどリアシートはヴェゼルに劣るか

インテリアは質感高く、特に不満が出ることも無いものと思われます。

ホンダにしては珍しく、シンプルクリーンでクセが弱め、ヴェゼルと共に好感度が高く、プレミアム化の中で現実的なデザインでしょう。

リアシート的にはSUVのハイトの高さ、フィット系プラットフォームのセンタータンクの実用的なスペースには及ばず、荷室の方とのバランスでやや負い目があるかもしれません。

シビックリアシートスペースイメージ
ヴェゼルリアシートスペースイメージ

リアシート周りの快適さではヴェゼルに譲る部分があり、そして流行りのSUVというスタイルもあり、そしてそしてハイブリッドで300万円台となるシビックよりもそっち行っちゃうでしょう、ってことです。

ライバルはヴェゼルかゴルフかノートオーラ?

ハッキリ言って、新型ヴェゼルと比べちゃうと空間効率や価格では劣る部分が多いのが難点ではありますが、走りの良さがアドバンテージとしてあります。

235幅の18インチを履きこなし颯爽とコーナーを駆け抜ける気持ちよさを300万円台で、となると良いチョイスともなり得ます。

身内のヴェゼルにないスポーティさが優位、若干価格帯はシビックよりも低めですがプレミアム路線に舵を切りつつあるノートオーラやオーラニスモなどは走りの良さを本質的に競うならシビック優位でもあり、ゴルフやアウディA3だってライバルに据えて考えればシビックは価格は少し低めです。

シビックは: 319~353 万円、アウディもゴルフも300~400万円程度で売れ筋が350万円位から~という事もあり、サイズ的にも価格的にも比較できなくもない。

同じ価格帯なら舶来品の方が良いって人もいれば、本質的に質感で劣らず走りで負けず、国産の信頼感の高さがあれば良い、と言うのであればシビックにも少なからず勝機はあるのかな?ってのが正直なところ。

このクルマこそ、乗ってこそ分かる運転好きのためのクルマかもしれません。

ぜひ試乗してみましょう。

究極のFFスポーツカーをお求めであれば、タイプRまで待ち、ベースも出得るの素性を知るのに今のうちに試乗しておくのも良いかもしれません。

完成度は高いけど、パッケージングとしてハッチバックでは売れないかもしれない。安直と思うかもしれないが、カローラクロスに倣い、シビッククロスなど派生車種を展開しないとシビックという名前で販売台数は稼げないとも思われます。時流で行けば可能でしょうが、4.5年遅れでは間に合わないので、シビッククロスオーバー、やるなら早めにってところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です