ノート→オーラ→ニスモその違い、さぁどれにする?試乗インプレッション①

メータークラスター前面に大画面の12.3インチのモニターを備え、ダッシュボードとアームレスト周りにツイード調ファブリック、そして高級感×アクセントとなるウッドパネルを備える。

うん、コンパクトカーの仕立てではないな・・・そう思う人もいるかもしれません。

そう、新型日産ノートオーラについて、ですね。

試乗してきたのでインプレとしてまとめて行きます。

ノートとオーラの違い

基本的なフレームや、e-POWERで、3気筒ユニット×モーターはノートに準じた仕立てです。

ただし、標準車のノート e-POWERは最高出力が85kW(116PS)、最大トルクが280Nm(28.6kg-m)に対して、

ノートオーラは最高出力は100kW(136PS)、最大トルクは300Nm(30.6kg-m)となっています。

エンジンとモーターは同一のようなのですが、制御が違うことで差別化をしているとのこと。

全長4,050mmは同じ、全高1,525mmというのはオーラの方が5mm高い、がしかしこれはアンテナの形状くらいの誤差のようなものでしょうか。

最大の違いは全幅でオーラに関しては1,735mmとなっていて3ナンバー化されています。

タイヤサイズもけっこう差をつけていて、ノートは185/65R15、ノートオーラは17インチで205/50R17となっていて、タイヤ幅が20mmワイド。

前後のフェンダーのボリュームアップ×タイヤのワイド化でトレッド幅もやや広く、踏ん張りの効いた見た目のスタンスも手に入れています。

実写見るとバランスよくてカッコ良いのです。

デザイン面や機能面では他にも細かな差別化もありアダプティブLEDヘッドライト、後側方車両検知警報、アラウンドビューモニター、液晶ルームミラーなどが標準、しかし一番の違いはフロントマスク、ヘッドライトです。

電動SUVで今後の日産のフラッグシップEVとなるアリアに寄せた細いライトユニットに広いグリル、押し出しがありつつも、スタイリッシュに上級移行するようにまとめています。

標準のノートも十分にスタイリッシュだと思っていましたが、並べると低級感が漂う不思議…

価格差はおおよそ40万円(ノート220万円→オーラ260万円くらいのイメージ)ですが、見た目、タイヤサイズ、内外装の仕立て、20馬力のパワーアップなどを踏まえると高くなく感じてきます。

オーラの走りはヨーロピアン

ノート自体もイーパワーに走行性能、エンジンモーターの制御は秀逸。できるだけエンジンを使わずバッテリー走行を優先するから街中のような場所では静かに走れます。

新世代のイーパワーは主に車速からロードノイズの高まりを検地して速度に比例してエンジンを回し、充電しておいてくれる感じで、オーラも同様に効率的な走りを見せてくれます。

一日の最初の始動時は場合によっては結構長時間けたたましくエンジンが回り続けることもありますが、それは充電状態が悪い時で気温が極端に高い・低いなどでエアコンの稼動が激しい時、など条件によりそうです。

普通に走り出して5分か10分すればエンジンもエアコンも充電状態も落ち着いて、かなり快適に静かに走れます。

新型アクアのようにエアコンが必要以上にうるさかったり、ノイズの侵入が大きかったり、段差の音が大きかったりなどの低級感は皆無、圧倒的にノート・ノートオーラの静けさはアドバンテージだと思われます。

ノートオーラに関しては、各所の遮音材の追加などもあるようで、静粛性はコンパクトクラスとしてはかなりレベルが高いと言えそうです。

旧型ノートにもメダリストなるグレードでドア内の吸音材や防音加工に工夫を凝らしたグレードがありましたが、その延長線上で上質さを目指しているのが伝わってきます。

ルノーと共通のプラットフォームでしっかり感があり、乗り心地はほぼ欧州のコンパクトカーと同等のレベル、個人的にはアウディくらいのイメージ、またはスポーツモードで走るときにはBMWミニ5ドアのようなフィーリングとも言えるように感じました。

ブレーキング時の姿勢変化の少なさ、ハンドルを切った時のフロントの入りの良さ、転がるタイヤのペダルとの直結一体感など、E-pedalのアドバンテージがありつつ、ワイドボディでのコーナリングのよさをしっかりと演出しているように感じました。

たぶん、エンジニアがスポーティに走らせるならやりたかったチューニングポイントを、幅で4センチ、タイヤ幅で2センチ、馬力で20馬力と言うのが気持ちよく走らせる方向にマッチしているようにも感じます。さらには2センチのローダウン…はきっとニスモで(ニスモはオーラ比2センチダウン)ってことでしょう。さすがにそこまで全部やりすぎるとバランス的に攻めすぎなんでしょうかね。

さて、 205/50ZR17のタイヤサイズで、これまたきっとエンジニア的には215/45にしたかったと思われますが、205/50でもけっこう硬めで、人によっては車体の揺すられ感など不満を覚えるかも。

けっして車体は柔ではないし、低級な突き上げ音を感じるわけではないのですが、日本車的な柔らかで快適な乗り味を求めるなら標準のノートのほうがおススメです。

ノートオーラはかなりヨーロピアンな走り、そして乗り味です。ミニやBMW1シリーズ(現行のFF)っぽい硬さをイメージすると近いような、ドイツ車っぽい感じです。

モーターの制御も136馬力を加速性能向上に充ててる感じで、スペック・サイズ的にはアウディっぽいかなと。ポロとかも近いかしら。

A1スポーツバック:A1 Sportback 35 TFSI advanced全長4,040mm/全幅1,740mm/全高1,435mm重量1170kgで150PS、とかサイズやスペック的に近しいものを感じます。ただし価格は300万円~で、ノートオーラよりもざっと50~100万円お高いんですけどもね…

ノートオーラは260万円~となっていて、レザーを装着すれば+8万、プロパイロットとナビの割高なセットオプションで40万円、乗り出し的には350万円前後、実際のところ、欧州コンパクトの中間グレード程度なら狙える価格帯になってくるので悩む人も出てきそうですね。

オーラはプロパイロット装着率が高い

ノートでは割高なセットオプションのプロパイロットの装着率は現状かなり低いらしいです。車両本体に対するオプション価格が高すぎると見送る人も多いようですね。

ノートオーラに関してはボーズのサラウンドシステムとあわせて40万円となっていても、初期オーダーでフル装備にしたがる人が多いというのもあってかかなり装着率高いとのこと。

オーラのプロパイロットは加速・減速が滑らかになりカーブでは正確に減速するうえ、渋滞路でも確実な追従走行、ハンドルの制御も加わり安全に安楽に上質な走りを味わえます。

プロパイロットの制御もパワーのあるモーターとの相性もよく、前走車に置いていかれることも無く、レスポンス良く走ります。

個人的にはオーラのプロパイロット×ボーズ、そしてレザーシートの組み合わせが良いように思います。

ここに来てオーラNISMOという選択肢

ノートe-POWER NISMO(旧型)、ノート AUTECH、ノートオーラNISMO(2021年8月発表) とバリエーションを増やしてきてて、チューニング違いの各モデルをチョイスできます。

ノートは5ナンバーの簡易レンジエクステンダーEVベーシックカーのベースモデル、5ナンバーを維持したややスポーティなチューニングのオーテック、上質なワイドボディのヨーロピアンなノートオーラ、そしてワイドボディでレーシーなノートオーラニスモ、って感じですかね。

 

タイヤサイズは17インチでノートオーラと同じだけど、リム幅は6.5Jから7Jへと拡大、215幅への布石…?タイヤはレーシーにグレードアップされてミシュランパイロットスポーツ4の指定銘柄になっています。

ノートオーラNISMOのボディサイズは前後エアロバンパーでオーバーハングが伸びたことによって80mm伸び、全長は4,125mmに。

全高は、モノチューブのローダウンサスペンションで20mmダウン、1,505mmに。

全幅は1,735mmでノートオーラと同じです。

車高を低く前後バンパーが伸びたことでサーキットのような長いストレートでの空力的な安定性の向上、車高短で重心を下げロールを抑えコーナリングを向上させる狙いがわかりますね。

エアロ装着で車高を下げるというのは走るステージであったり、オーナーをかなり選ぶとは思うものの、好きな人にはストライクな仕上がりでしょう。

ちなみにパワーユニットたるイーパワーのシステムはニスモはノートオーラと同じで、136馬力のチューニングのモーターになります。

ニスモ・オーラともにベースのノートとはパワーが違いますが、ニスモとオーラは足回りとエアロ、専用装備の内外装のドレスアップでの差別化がされています。

ノートオーラNISMOの価格は2,869,900円で、サイドエアバッグ内蔵のRECARO製スポーツシートはオプション39万6000円、NISSAN Connectナビパッケージとプロパイロットのセットオプション34万9800円となっています。全部装備して乗り出し400万円近いとなるとポロGTIなど買えてしまうが…とまた悩ましいところでもあります。

VW POLO GTI 200馬力 375万円~

このナビとプロパイロットの組み合わせで、BOSEのヘッドレストのスピーカーはニスモのスポーツシートにつけれないとのことでBOSE分で約5万円安いです。

ノートオーラ G・レザーエディションのFFが2,699,400円なので、ニスモだって少しのエクストラを出せば買えそう…みたいな絶妙なバランスです。

ニスモが個人的には好きですが、使い勝手やトータルバランス的にノートオーラが完成度が高いように感じます。

今後のモデル展開

ノートのイーパワーをベースにノートオーラやオーラニスモという派生車種が広がってきています。

キックスというSUVもありますが、ノートオーラクロス・C-GEARであったりといったインプレッサXV的なモデルが出てくるというウワサもあったりします。

リアをスライドドアにアレンジしたルーミーやソリオ、シエンタやフリードのようなプチバンなどもパッケージング的には可能と思われますが、そこまで一気呵成には出てこないかもしれません。

基本的にはノートイーパワーの性能頼み、みたいな部分もありますが、ポテンシャルの高さあってこそ。

標準のノートはかなり割り切っている部分もありますが、派生車種で少しずつよく見せるという手法、賛否ありますがノートオーラでようやく仕上がったって感じです。

ノートオーラのインプレ②・内装装備などへと続きます。

ちなみにノートオーラの納期は最速で2021年12月、グレード・オプションによって2022年2月ごろという感じのようで、基本的には発注から半年くらい見ておく必要がありそうです。値引きは10万円~20万円程度が初期オーダーのマックス値、参考まで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です