【スクープ】新型レクサスLXモデルチェンジ情報フロントデザイン・ボンネットだけ!

レクサスLXのデザインについてのスクープです。

新型NXの発表の時に、後ろにいた、右側のカバーされているLXですね。

ランドクルーザー300系との差別化で、どういうデザインになるのか、興味を持っている人も多いですよね。

レクサスLXのモデルチェンジ

ランドクルーザー300のモデルチェンジ、2021年8月2日の報道発表予定というのに続き、兄弟車で上位車種に当るレクサスLXも2021年内にはモデルチェンジします。

LXのエクステリアデザインについてはいろいろリークされていたり、スクープされていたりCG作られたりしていますが、私が今回スクープしたのは…

ボンネットのラインです。

ランクル300系のボンネットのふくらみ、パワードームを備えつつ前端まで伸びるやや前下がりのラインのLXのボンネット

この画像だけでピンときたら車好きを超えて変態かもしれません。

ランクルのボンネットのドーム形状だけど、けっこうフロントまで伸びてるじゃーん、と想像ついたのであれば、お察しの通り、LXのボンネットのデザインです。

グリルの部分で前端は持ち上がるランクル300系のボンネット

画像によってボンネットの抑揚は見えにくい時もありますが、大きく2つの盛り上がりがボンネット上にあって、V6の存在感のアピールと、おそらく車内からの見切りに少し役に立つ盛り上がり、みたいな感じでしょう。

このラインとLXに採用されるボンネットのラインを覚えておいてくださいね。

は?

とか言わないで…ね?

このフロント周りのデザイン、ボンネットのラインと言うので物凄く印象が変わると言うのを少し解説していきたいと思います。

最近の車のグリル

最近は押し出しが強い車が多いですよね。

グリルを大きく取って、フロント周りにインパクトや個性を、と言うのは小型車でも高級車でも超高級車でも採用されるデザイン手法です。

パルテノン神殿ともいわれるロールスのグリル

ボンネットのフロント部分の真ん中を持ち上げ、グリルを大きく立派に見せるデザイン手法ですね。

2021年にモデルチェンジを果たしたランドクルーザー300系でもフロントグリルは大きく、ボンネットの高さをフルに活かした感じのデザインですよね。

メルセデス・ベンツやBMWではブランドのアイデンティティとしてのグリルのデザインがあり、

最近のBMWのグリル、大きすぎない?

アウディやレクサスなどもブランドの個性を作ろうと必死にシングルフレームグリルであったり、

アウディは大きくなり過ぎたのを少し小さくしてきて…ないか

スピンドルグリルなど、前後左右に伸びやかにグリルを広げていたりします。

当初は賛否あったけど、今では見慣れたスピンドル

と言うことはレクサスLXも、バカでかいスピンドルグリルを持ってくるのか?

旧型LXはボンネットの高さいっぱいを使った大きなスピンドルグリルでした。

LEXUS LX モデリスタ

ランクルベースですので、車体のサイズに比例したデザインになるのは間違いなく、しかし、そこにもしかしたらレクサス的な高級感や上品さなどランクルとは違ったテイストを持ってくる可能性があったりします

レンジ的な上品さとのバランスに?

スクープしたボンネットのラインはグリル部分で持ち上がらないフラットなラインのボンネットフロント部分。

だからどうした?とは言わずにね、

ランクルはグリルの大きさを強調するためにボンネットの先端がグリル部分で持ち上がり

多くのSUVや、今までの多くのレクサスのフロントはボンネットの前端が持ち上がるデザインだったりします。

そんな中で、フロントがフラットでシュッとした車といえば、レンジローバーですね。

ランクルやLXとはライバルとなる陸の王者、砂漠のロールスロイス、などと言われるレンジローバーですが、フロント周りは迫力のあるフェイスではありますが、グリルのインパクトや、ボンネットの抑揚で責め立てるようなデザインではありません。

水平基調のクリーンでシンプルな感じで、昨今のトレンドの中では威圧感は感じなくもないですが、比較的上品なデザインの車種かと思われます。

トヨタで言うとSUVシリーズでボンネットがシュッとして都会的な感じで言うと、新型ハリアーもそうですね。

ハリアー モデリスタ

ボンネットの繋ぎ目がちょっと違って開き方も変わりますが、プレスラインでボリューム感を出しつつも、ヘッドライトとグリルの上面はなだらかな繋がりで洗練された感じになっていると思います。

そういうレンジローバーっぽいテイストを入れつつボンネット前端の高さを抑え、高さ方向ではスッキリさせつつスピンドルグリルでインパクトを、といった感じになりそうです。

ハイエースのグリルかぶせのバッドフェイスカスタムなんて言わないでね…

無理やりな合成でクオリティ低いのはご勘弁を。

あくまでイメージです。

NXのグリルに旧型LXの3眼LEDヘッドライトを組み合わせた物ですので、新型ではライトとグリルとの間に隙間を設けつつ、もう少し細く鋭い感じになるかもしれません。

NXライトはちと違う感じかしら

GSの横浅バーグリルにNXのライト×レンジローバー・・・多分コレはなんか違いますね・・・。

NXのワールドプレミアで後ろにあったLXのライトの光り方から、現行のLXに近いややボリューム感のあるLの字のポジションランプ=デイタイムランニングランプになりそうです。

L字のランプ

このフロントのボンネットのラインはほぼほぼ確定で、あとは今のレクサスのデザイン言語を組み合わせていくものと思われます。

旧型LXが威圧感の塊みたいなボリューム感だったのを、やや上品に高級化ってところでしょうか。

実際ランドクルーザー300でも十分以上に高級感や威圧感はあるので、レクサスとしてはその上乗せと言うか延長線上に持ってくるのではなく、洗練された感じに持っていくという狙いもあるのかもしれません。

LX600hと、LX500dとの二本立てとの楽しいうわさも尽きませんが、次期LXも価格が高くバカ売れほどはいかなくても安定して売れるモデルとしてレクサスの柱となることでしょう。

下取りや買取も高値維持をし、リセールバリュー高く節税とかにも使える最強の車になるかもしれませんね。

このエクステリアデザインのスクープ、外したら悲しい…けども知ったからにはせっかくなので記事にしました。

追記:レクサスLX新型の横一文字テールライトについて、などのスクープ記事を更新しました。

その他ランクル300についても解説と観察しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です