バイク×ヴァセリン 乾燥対策にゆるキャン△の知恵を

バイク乗りとアニメについて、先日ブログにして、その時、ゆるキャン△セカンドシーズンにて、大切なお言葉を思い出したので、ブログにします。

「顔にワセリンを塗っておくと乾燥しないよ」と、りんちゃんの名言があったのよね。

おじいちゃんの知恵? りんちゃんの経験則?

ヴァセリン(ワセリン)は油です。鉱物油を精製したもの、と言うとイメージの良し悪しはありそうですが、天然成分由来のミネラル系ベースオイル、なんていえば聞こえがいいでしょうか。元は鉱山労働者が発見したケガの保護や肌荒れに良い油、という鉱石からにじみ出た油を塗りたくりっていたのが起源とか。

ただ、いい油であることには間違いないのです。

角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果と、外からの刺激から皮膚を保護する働きがあることから、鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤のような外用医薬品のベースとしても応用されていたりします。

保湿効果が高く、乾燥を防ぐバリアとしては非常に優秀なんですよね。

油ベースなのですが、不純物が無く、ヴァセリンが原因での肌荒れが起こりにくいというのが特徴になります。

あくまで肌荒れが起こりにくいというだけで、脂性肌が原因で炎症を起こしがちな方には不向きかもしれません。

バイクツーリングとかで、風に晒される肌の乾燥を防ぐと言う効果は高いです。

皮膚の表面や真皮などの水分を風などにより蒸発するのを防ぎ、カサつきや白く粉を拭いたり皮膚が割れたりしなくなりにくくなります。

他にも靴擦れであったり、股擦れなどの擦れて痒くなったり痛くなっている箇所をカバーして緩和したりなど、保護膜を作ってカバーする応急処置にも活用できたりします。

小さなお子さんなどの幼児にも使用可能です。口の角が切れたりした時や、ちょっとしたスリ傷などにも使えるので、汎用性が高いですね。

保護したり、お肌の水分の蒸発を防ぐ効果は高いのですが、ワセリンそのものにほぼ水分の含有や保湿効果はあるけど潤いそのものではなく、スキンケアにはならないのには注意が必要。

たまに万能な保護薬としてスキンケア効果高いとPRする方もいます。寝る時に顔に塗りたくれば、朝には瑞々しい肌に、なんて適度な皮膚呼吸や皮脂の分泌も妨げてしまう恐れのあるケアが、TikTokなどの怪しいインフルエンサーが発信してたりしますが、過信せず、適量を適時に使いましょう。

個人的には、バイクでのツーリングでは日焼け止め対策も重要だと思っています。

フルフェイスにせよ、ジェット型ヘルメットにせよ、マスクにせよ、日焼け跡がけっこう残ったり、単純に紫外線の浴び過ぎは皮膚癌やシミそばかすの原因ともなるので、対策がした方が良いと思います。

花粉やウイルスの付着を防ぐなど、UVケア用品に付加価値や付帯効果を持たせたものも増えてきています。

バイクは体が露出しているので、日差しもモロに受け、熱中症も日焼けによる火傷なんかも起こりやすいです。

車のドライバーでも右ハンドル車では右腕が日焼けしやすいなどもあり、最近のカー用品では、男性向けのアームカバーも売っていたりします。

半袖のシャツやポロシャツに、運転する時だけアームカバーと言うのもロングドライブやロングツーリングに於いては有効でしょう。

夏場に限らず、紫外線は常にありますし、日焼け止めを落ちにくくするのにワセリンも活用するなどで、よりスキンケアプロテクトとしては盤石になります。

日焼け、乾燥対策をしっかりして、善きモーターライフを!

ゆるキャンシリーズはキャンプやツーリングとも親和性が高く、るるぶ公式で案内されていたりもします(*^^*)

売り切れ必至でしょうかね!

Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。