バイクの方のプジョーはこれからレトロ路線?Djangoジャンゴと言うバイク

プジョーが日本市場に送り込んだ125ccクラスのスクーター。シティーコミューターとでも言った方がスタイリッシュでしょうか?

ジャンゴシリーズについて、まとめていきます。

プジョーのスクーターラインナップは意外と古くからあり、日本でもかなり昔から一部のバイクショップで取り扱いがあったりしました。

スピードファイト 歌舞伎なヘッドライト高いシート高

バイクラインナップの路線としてはどちらかと言うとシート高高いレーシーな原付みたいなのが多かったイメージなんですが、ココ最近思い切った路線変更をしたみたいです。

それがDjango、ジャンゴです。レトロでカジュアルな路線で攻めてきてます。マフラーはカチ上げず、地面と平行、バンク角よりクラシックイメージを尊重している感じです。

当初のラインナップは50、125、150だったと思うのですが、ショップによって扱いあったり無かったり、年次によってラインナップ落ちがあったりするようで、まぁ、メインは125だと思っておきましょう。

高速乗りたいからやはり150決め打ちという方は、150は時期によって輸入がストップしたりあるようなので、近くのショップに要確認です。登場から間もないこともあり、程度の良い中古探しも良いかもしれません。

さて、そのジャンゴなんですが、まず見てデカい、と思うのではないかと思います。立派なデザインであり見回してみても質感高く目を引くものがあります。

実際のサイズも大きくてPCXより少しデカい、くらいの感じでしょうか。ボディパネルは丸みがあり流線型でもありネオレトロ系の王道とも言えます。ヴェスパにも近いデザインとも思います。

車重も少し重め、129キロくらいあるので、クラスの平均より10キロ前後重いくらいです。

馬力に関しては不足もなく、走り出しも加速もまあまあスムーズです。重さも感じず、しかし軽快という訳でもない。取り回しや、駐輪場など車体の大きさを感じる事もありそうで、PCX停めれるところには入りそうですが、バックサイドのカウルとかは隣のバイクとかとぶつかりそうな感じがします。

特徴的な馬の鞍のようなシートはボリュームあって座り心地良い。サドルブラウンであったり、鮮やかなパイピングとか、見た目にもいい感じです。年式によってカラーリングはかなり異なります。

タンデムシート部分も同様にボリューム、厚みがあり2人乗りにも良さそうです。50㏄モデルでも同様のシート形状ですが、タンデムは不可です。

メーターに液晶がちょろっとあったり、グローブボックスにシガーソケットがあったり、安全装備にはABSが備わるなど、ネオクラシックな外観であっても現代的な装備も普通にある。なかなかに使えるバイクかもしれません。

プジョーのライオンマークが素敵

価格帯としては125が32万円前後から、150モデルが42万円前後から、となっていて、オプションで大きめのスクリーンやリアボックスなどもある。

純正パーツでのカスタムしたり、通勤、ツーリングにも幅広く使えるバイクだと思います。

ただ、バイクの大きさにだけは気を使う、というのはご注意を。自宅の駐輪場や、駅の駐輪スペース、仕事場の停める場所など、スペース的に問題がないかの確認はしといた方がいいバイクかと。125ccのスクーターだから何とかなるか、けっこうギリギリの大きさ。隣に停めてある自転車や原付にカウルをキズだらけにされたらせっかくの美しいボディが台無しよ。

外車ということで修理やメンテナンスについても気になるところ。125クラスということもあり、法外に高いってことはないけど、それでも割高な維持費がかかるとのこと。

多少のエクストラを払っても、スタイリングと個性を取る、という方向けのモデルかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です